入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ヨウスケ版グリム童話
2017年05月01日 (月) | 編集 |
ストーリィ・テラー
一応女性向け?

高橋葉介
「ストーリィ・テラー」


本日は
ヨウスケ先生の
「ストーリィ・テラー」
をご紹介

まんがグリム童話
 2011・11月号 ~ 2012・10月号 連載


喫茶店で行われる
取材
雑誌の取材

編集者
九鬼奇句子
九鬼奇句子のご尊顔

こちらが
今回のお相手
赤座絹子
赤座絹子さん

就職難の中
やっと就職した会社

はじめてのお仕事は
本社へのお使い
バス
クソ古いバスに乗って
向かった先はクソ田舎

何故か
赤いベレー帽
赤いベレー帽を被れと・・・

本社
・・・コレが本社?

散乱する
大量
大量の
赤いベレー帽

書類を渡す相手は
会長さん

どんな人?


会長
こんな人・・・人?

会長さん
質疑応答
ひとり質疑応答

絹子さんが
持って来た書類には・・・

危険が危ない状況を
奇句子によって救われた絹子さん

・・・取材なのに?

奇句子は
能力
他人のお話に介入できる
能力者
でした

第1話は
「赤ずきん」

他にも

ヘンゼルとグレーテル
「ヘンゼルとグレーテル」

ラプンツェル
「ラプンツェル」

など
グリム童話を題材としたお話ばかり

現実と幻想が
交錯する作風は
悪夢交渉人
「悪夢交渉人」の系譜か

あとがきによりますと

奇句子の能力が
3話くらいまで上手く機能しなかった


と・・・難産だったようです

そこで
売りを増やそうと
濡れ場
濡れ場挿入

女性誌なのに・・・
と思われるかも知れませんが
女性の方が
根本的にエロス好きですハイ

最終話は
漁師とおかみさん
奇句子本人のお話

この九鬼姉弟が
後の
怪談少年 表紙
「怪談少年」に繋がってるんですな

勿論
文句なしに
店主オススメ

ヨウスケ先生の
鉄板っぷりパネェ

しかし・・・
先日書店に行ったら

夢幻紳士 怪奇篇 〔愛蔵版〕

なんどめだ怪奇篇

3,000円くらいすんのよねコレ

新作16ページと
あとがきは読みたいけど・・・

キリがなさ過ぎてクソ悩む





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック