入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ブレない
2016年11月02日 (水) | 編集 |
ブラインドホール
白球一直線

柴田昌弘
「ブラインドホール」


本日は
柴田昌弘先生の
「ブラインドホール」
をご紹介

週刊パーゴルフ別冊
 コミックビッグゴルフ
 Vol.2 ~ 6 連載


ゴルフ場で
リフティング
目隠しリフティングをする
一人の男

もうすぐ
100回というトコロで
ギャラリーが妨害工作・・・

にも関わらず
100回
リカバリー&達成

なんでギャラリーが
妨害工作?
25000円
賭けてたから

そこに現れたのは
男の娘
(オトコノコニアラズ)
全盲
実は男
全盲でした

目隠しは
単なる演出みたいな

男・割石耕司の仕事は
ゴルファー

と言っても
勝負
正規のゴルファーではなく
裏のゴルファー

雇い主とペアの
フォアサム方式
賭け試合をしています

全盲ですから
キャディ
娘がキャディをして
位置を教えます

ナイスオン
ナイスオン!

はいいんですけど
パットどうすんの?

パット
ラインは読めても
力加減が・・・



スパンキング
まさかのスパンキング

力加減を
スパンキングで教えてんのね

カップイン
絶妙のタッチで
カップイン

本作は
裏ゴルファーとその娘が
表舞台を目指して
賭け試合に挑む
スパンキングGOLF漫画です

なお
娘は
出会い
自称だったり

裏の試合ですから
大金絡みまくりーの
下手したら
粛清
始末されーの

秘密
娘の秘密も絡めつつ
今日もまた
金と生命をBETするのです

ベテラン柴田昌弘先生
流石に安定した筆致で読ませるものの

オーマイガー
本誌休刊でサドンデス

最終話
描き下ろして
それなりにまとめてありますが

やはりスパンキング
もっと
スパンキング描きたかったろうなぁ


と思う事しきり

そのブレなさ
店主オススメです

しかし

週刊パーゴルフ別冊
 コミックビッグゴルフ


連載作品に
超護流符伝ハルカ
賢ちゃん・・・

これ
ゴルフ好きの読者は
どう思ってたのかしら

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック