入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
終わらない夏休み
2016年09月03日 (土) | 編集 |
チロリン堂の夏休み
子どもの頃の夏は長かった

オオカミうお
「チロリン堂の夏休み」


本日は
オオカミうお先生の
「チロリン堂の夏休み」
をご紹介

月刊少年シリウス
 2011・9月号 ~ 2013・8月号 連載


とある地方都市

夏休みを控えたある日
取り壊し
工事が行われていました

市民芸術公園を建設する為
古いお社を取り壊したのです

そこにやって来たのは
子どもたち
子どもたち

ちろり・錫音・くじら・黒松

4人は
お社の廃材を拾い集めて
建て直し
お社を再建するつもりです

因みに再建場所は
黒松のおじいちゃんの土地

トンテンカンテン頑張って
出来上がりましたよ
お社
NEWチロリン堂

・・・小学生だし

そんな時
晴れてた空に突然暗雲立ち込めて・・・
落雷
落雷!

感電
ちろりが
感電してしまいます

幸い
怪我はなかったのですが
買ったばかりの
スマホ
スマホがクラッシュ

必死でいじくり回していると・・・



動作
いきなり怒声

なんか動いてる?

この動いてるの
主
お社の主様ですって

落雷の所為?
良くわかんないけど

すると今度は
霧
未曾有の濃霧

ひょっとして
絶賛神隠し中?

4人は
主様・・・
チロリン様の助けを借りて
手助け
現世に戻ろうと
隊列
進んでいきますが・・・

その後
ちろりのスマホに
常駐
常駐する事になったチロリン様

ドキドキワクワクする
夏休みが始まります

・・・といった本作

土地の所為か
チロリン様が来た所為
妙な事件に巻き込まれ始めた
ちろりたちの夏休みを描きます

お面
学校で見つけた
奇妙なお面とか
手打ち地蔵
お地蔵様の言い伝えと・・・とか

民俗学的な事件が中心です

その辺り
民俗学薀蓄が山盛りな
がらくたストリート
がらくたストリートを連想したり

萌える民俗学
といった趣で
めっさ面白いんですが
うーん全3巻

奇しくも
がらくたストリートと一緒だったり

キャラ立ってそうなクラスメイトたち
もっと活躍が見たかったなぁ・・・

それでも
店主オススメ

またいつか
続きを描いていただきたいものです

しかし本作
オオカミうお先生が
アッチ方面で有名な作家さんですので
なんつーか
妙に

サービスカット

サービスカット多かったり

・・・ガチっぽいのが

いろんな意味で
目の毒かもね


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック