入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
超豪華アンソロジー再び
2016年06月02日 (木) | 編集 |
忍法十番勝負
今度はじっくり

アンソロジー
「忍法十番勝負」


本日は
アンソロジー
「忍法十番勝負」
をご紹介

冒険王
 1964・1月号 ~ 10月号 連載


5年半ほど前に
一度取り上げていますが
今回再入荷で再紹介

本作は
10名の
超豪華漫画家陣
による
忍法リレー漫画です

いやマジで超豪華

記念すべき一番勝負は・・・
堀江卓
堀江卓先生

「矢車剣之助」
お馴染みですね

人里離れた山道を
一人歩くサムラーイ
侍
一休みしたところに
怪しいネズミが・・・

このネズミ
チュウ公
名前はチュウ公だそうです
どうでもいい?

サムラーイの向かった先は
夕月村
夕月村

サムラーイ
福島正則の使いだそうです

村長と面会するサムラーイ
5000両
5000両!

それでも首を縦に振らない村長に
力ずく
力ずく!と行きたいトコロですが
村長の方が遥かに上手でした

要するに
この夕月村は
大阪城秘密の抜け穴を作った
職人たちの隠れ里

普通なら始末されるトコロを
絵図面として隠し持った為
当座の身の安全を確保できたと

サムラーイは
福島正則の命を受け
絵図面を入手しに来たんですね

そんな折
昏倒
いきなり昏倒

黒い顔・・・
ペストじゃん!


慌てて
ペスト
屋敷を燃やし
絵図面
絵図面を持って
逃げようとする村長ですが
忍びの者
忍びの者登場

全ては
だったのです

哀れ村長は・・・

強奪



その後
10000両
村人の前に姿を見せた村長は

10000両で忍者を雇え

首チョンパ

奪われた絵図面を取り戻せ

と言い残します

しかし

テレビもねぇ♪
ラジオもねぇ♪
クルマもそれほど走ってねぇ♪


ど田舎の事
忍者の居場所がわかりません

そこに現れたのが
自称・忍者
自称・忍者

ほんとうの忍者さまかね?
と聞かれ
デモンストレーション
デモンストレーション開始!

周辺の忍者を一掃した彼
フクロウ
フクロウ
絵図面を追って旅立ちます

第1話として
ツカミはオッケー

今後の展開を期待させるのに
十分過ぎる出来だと言えましょう

細菌が発見されたのは
17世紀末だとか
そもそも
ペストが日本に入ったのは
19世紀末だとか
些細な事です

フクロウの
自信家っぷりとカッコ良さ

それだけにラストは・・・

大阪城
秘密の抜け穴の絵図面は
今後
どのような運命をたどるのでしょうか

二番勝負以降は
また
折を見て記事にしたいと思います

ほら
カテゴリに
「忍法十番勝負」って入れてるでしょ?

全10話
のんびり紹介したいのね

二番勝負は
藤子不二雄A
藤子不二雄A先生

乞うご期待!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック