入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
遠慮します
2016年04月16日 (土) | 編集 |
いま、殺りにゆきます
いやホントマジで

原作・平山夢明
「劇画 いま、殺りにゆきます」


本日は
アンソロジーコミック
「劇画 いま、殺りにゆきます」
をご紹介

エライ物騒なタイトルですが
平山夢明氏原作の
実話恐怖モノです

巻頭は
「みっくちゅじゅうちゅ」
(藤田シーン先生)
みっくちゅじゅうちゅ

結婚を考えていたカップルですが
男性側が
就職やめると問題発言

どうも
大学院
大学院に進学するつもりだそうです

しかしこの男性
モラトリアム
なんつーか・・・こう・・・

まぁ
良くいるタイプではあります

当然
不合格
サクラチル

元々の進学理由が
どう見てもモラトリアム延長ですから
そのままダラダラ~と

挙句
女性の家に入り浸るようになり
嫌気が差した女性
別れ話
ついに
別れ話に発展

するとある夜・・・
侵入
うおッ!

このお話の結末やいかに

・・・といった
日常に潜む恐怖を描きます

他には
パグを飼い始めた女性を襲う恐怖
だんだん少なくなっていく
「だんだん少なくなっていく」
(胡菲蘭先生)


ドアの前に何故か花束が
献花
「献花」
(東京太郎先生)


ペットのにゃんこに耳たぶ噛まれた・・・
甘噛み
「甘噛み」
(幸先生)


などなど

お話の傾向は

・女性の一人暮らしヤバイ
・生理的嫌悪感


メインみたいな

その最たるお話が
蟲
「蟲」
(こちらも幸先生)


キツイよこれ

正味
ベッドの下の男
こういうお話ばかりなんですが

ひょっとしたらあるかも・・・
と思わせたら勝ちよね

B級感が
楽しいアンソロでした

コンビニコミックじゃなく
一般コミックな事にちょっと驚きますが

最後に
珍しく男性メインのお話
いらないもの
「いらないもの」(瀬河美紀先生)

やんちゃしちゃって
ヤクザ(?)に拉致られた若者2人
選択
謎の選択を迫られます

男の身体で
「いらないもの」ってナニ?

・・・ヒントはこちら



医者嫌い
これは「いるもの」です

「医者嫌い」(村松麻由先生)より

いろんな意味で
うひゃあ


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック