入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
Bicycle bicycle bicycle
2016年01月16日 (土) | 編集 |
かわうその自転車屋さん
I want to ride my bicycle bicycle bicycle

こやまけいこ
「かわうその自転車屋さん」


本日は
こやまけいこ先生の
「かわうその自転車屋さん」
をご紹介

週刊漫画Times
 2014年 ~ 連載中


おふとんの営業マン
小和田バクさん
営業周りの途中
パンク
あちゃー・・・パンク・・・

不幸中の幸い?
割と近くに自転車があるとか
坂の上
坂の上に
・・・やっぱ不幸だ

辿り着いたそのお店
カフェ?
ストラーデ・ビアンケ
一見カフェのよう

店長
こちらが店長
ラブリーですね

本人は
自転車屋だと強く主張していますが
自転車屋
実際はほぼカフェだったり

ではパンク修理を・・・
パンク修理
やっぱラブリーだなコノヤロウ

本作は
タイトルにありますように
動物の街を舞台とした
自転車漫画です

カフェ漫画ではありません

ほら
定休日
定休日だって
自転車屋さん準拠だしね

一応
お客さん
たまーには来るのよ
自転車のみのお客さん

因みに
店長も当然自転車愛好家
愛車
ちっちゃ・・・

動物世界の自転車も
フレーム
人間界と同じのようです

フレームの情報
並木橋通りアオバ自転車店で知ったなぁ

他にも
ギア
ギア
ロードレース
ロードレースなど
自転車ウンチク満載ですの

しかし
スポルティフ
スポルティフをこう使うか

これぞ発想力

可愛い絵柄に
明るく楽しい内容

オヤジ漫画雑誌の極北
マンタイ
で連載されてるのが
ちょっと不思議だったりしますが
文句なしに
オススメ出来る逸品です

まぁマンタイには
ねこまた。
「ねこまた。」もあるしね

意外と女性読者多かったりしてね

なお
現在2巻まで刊行されていますが
今回は1巻のみの入荷です
ご了承下さい

余談ですが
この場面
作画
自転車警察出動!

マニアのこだわりっぷりが楽しいのね

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック