入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
天使の抜け道
2015年12月21日 (月) | 編集 |
バベルの図書館
どこにある?

つばな
「バベルの図書館」


本日は
つばな先生の
「バベルの図書館」
をご紹介

マンガ・エロティクス・エフ
 Vol.74 ~ 83 連載


職員室で
注意
注意を受けている
男女の高校生
渡瀬くん相馬さん

400字の作文が
一字一句違わず
一致していたのです

教師は当然
悪ふざけだと思った訳ですが
困惑
そうではない様子

これから一緒に
図書館で書き直そうか・・・
渡瀬くんの提案に相馬さんも頷きます

そこで芽生えた悪戯心
もう一度
ためしてみようよ

これでまた同じだったら
運命
運命なのかもしれない

結果は・・・
動揺

綴られた言葉は
天使の抜け道
天使の抜け道

ところで渡瀬くん
学年トップ
成績は学年トップです

でも
バカ?
授業中とか割と・・・

渡瀬くんを見て
嘘と現実
嘘と現実について
思いを馳せる相馬さん
天使の合図
綻びは天使の合図?
渡瀬くんは扉?


そしてそれらを
覗き見
覗いている渡瀬くん
これが渡瀬くんのチカラ

そんなある日
相馬さんが描いた
事件
天使の絵
何者かによって切り裂かれます

渡瀬くんを含む
クラスメイトも疑われ
全校集会にまで発展

帰り道
帰り道
あっ・・・あの・・・



犯人
どうして切っちゃったの?

渡瀬くんには
例のチカラがありますから
わかっちゃったんですね

その場は逃げ去った相馬さんですが
手紙で
渡瀬くんに事情を説明します

幼い頃
天使
天使を見た相馬さん

天使に魅入られた相馬さんは
天使にメッセージ
天使にメッセージ
送ろうとしていました

どうやったら
メッセージが送れる?
理解不能
理解不能な事をしよう

渡瀬くんと相馬さんは
手紙でやり取りしながら
天使へメッセージを送る事に

そもそも
キッカケは
狂気
例の作文事件

・・・渡瀬くんの所為ですのね

相馬さんの狂気に
渡瀬くんは・・・

非常に観念的で
難解な作品です

つばな先生と言えば
第七女子会彷徨
「第七女子会彷徨」

一見明るいけれど
その実ハードでダークな七女の
ダーク面
抽出したような作品だったり

ある意味表紙詐欺

読者ごとに
様々な解釈が出来るであろう本作

店主超オススメ

とにかく
ご一読下さい

皆さんは
ラストをどう受け止めるでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック