入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
割と読んだり
2015年11月11日 (水) | 編集 |
本日は
小ネタです

女性週刊誌
女性自身
女性自身


ジャニ系はめっさ怖いそうなので
表紙にモザイク


こちらで連載中のコミックが
スタアの時代
桜沢エリカ先生
「スタアの時代」

女性週刊誌
「女性時代」編集部が舞台で
冒頭
現代の新人女性記者が登場

この娘の成長物語かなーと思ったら
その後登場した
伝説の記者の昔話になったり・・・

まぁタイトルが
「スタアの時代」ですけんね
最初からその予定だったんでしょうけど

浅倉仁橘ミチカという
モデルが誰かすぐわかる
スタアカップルとの交流がメイン

離婚騒動が持ち上がり
女性セラン
ライバル誌
「女性セラン」
扇情的な話題でバカ売れする訳です

「女性セラン」には
峰龍二
嘘ばかり書いてる記者がいると
超disってます

対して
誠実な対応で
活字の力
取材相手に信頼されている
女性時代と・・・

これまた
モデルモロバレなんですが
いいのか女性自身

そして
日本最古の女性週刊誌なのに
ガン無視されてる週刊女性

部数的に
女性自身のライバルは女性セブンなので
こういうお話になるんでしょうな

店主も最近
週刊女性あんま読んでねぇし・・・
「ハートのしっぽ」はまだやってる?

閑話休題

この後も
事ある毎にdisられるのね
女性セラン

今週号でも・・・

店主的に
桜沢エリカ先生は
桜沢エリカ
こういう
オシャレでポップな作風ってイメージだったので
意外といえば意外な起用だったり

店主は
「スタアの時代」や
親バカ子育てパラダイス
TIMレッド吉田の
親バカ子育てパラダイスっ!


そして
ハードナッツ
ハードナッツのある
女性自身の方が
漫画読み的に好きです

でも
読者投稿コーナー
女性セブンの方が面白いかな

ユーマン氏のコメントが
結構好きな店主でした

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック