FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
スーパー時代劇
2014年05月22日 (木) | 編集 |
大江戸ジゴロ
荒唐無稽・痛快無比

鍋島雅治・檜垣憲朗
「真説 佐々木小次郎伝!! 大江戸ジゴロ」


本日は
鍋島雅治・檜垣憲朗両氏の
「真説 佐々木小次郎伝!! 大江戸ジゴロ」
をご紹介

週刊漫画ゴラク
 2003・2月 ~ 10月 連載


江戸時代
守り神
吉原遊廓には守り神が居ました

美しき鬼神
美しき鬼神と称されるこの男

慶長17年
宮本武蔵に敗れて死んだとされる
佐々木小次郎
佐々木小次郎

戦闘
めっさ強くて
超絶フェミニスト
物干し竿
ちんちん物干し竿
生きていた佐々木小次郎の活躍を描きます

本作での
巌流島の決闘
巌流島
佐々木小次郎の勝利に終わりました

爽やかな小次郎は
武蔵の健闘を称えますが
その武蔵
騙し討ち
配下の者共を使って
小次郎を騙し討ちします

流石の剣聖も
多勢に無勢

散々撃たれた挙句ナマス斬りの憂き目に

しかし
海女たちによって救われ
九死に一生を得た小次郎

武蔵への復讐を誓いますが
遺言
陰腹を切った父親の懇願により
今後は死人として生きる事にします

吉原遊廓の守り神として
第二の人生を始めた小次郎
再戦
運命の悪戯
武蔵との再会が・・・

いやー本作の武蔵
巌流島の件からわかりますように
素晴らしく下衆

欲望
超欲望に忠実な俗物です

人格者で
おなごにモテモテな小次郎の
ネガポジションっつーか

それだけに
小次郎に対するコンプレックスもハンパなく
あの手この手で
小次郎を抹殺しようとして来ます

加えて
救世主
キリシタンの救世主にされたり
小次郎クソ忙しい

史実とか
そういうのは取り敢えず脇に置いといて
娯楽に徹した時代漫画ですね

キリシタンたちが伝える
聖剣
聖剣なんてもんまで出て来たり

これこそ大衆食堂漫画!
んー
小池せンせの時代モノに
割とノリが近いかな

全4巻
何も考えずに楽しみましょう

こういう荒唐無稽な時代劇
テレビで復権しねぇかなぁ・・・
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
面白い❗
いいですね。
タイトルからしてこの和洋折衷加減。
こういう勢い漫画大好きです。
最近へったなあ、、、。
余談ですが、店主うさまと私は漫画の趣味が合うと思います。(笑)
2014/05/22(木) 21:57:48 | URL | 金山カメ #-[ 編集]
Re: 面白い❗
> いいですね。
> タイトルからしてこの和洋折衷加減。
> こういう勢い漫画大好きです。
> 最近へったなあ、、、。
> 余談ですが、店主うさまと私は漫画の趣味が合うと思います。(笑)


コメントありがとうございます

作画の檜垣憲朗先生には
元祖ホスト漫画として大ヒットした
「ジ・ゴ・ロ」なる作品がありまして
それに肖ってのタイトルかと思われます

本作の武蔵は
ホントどうしようもない下衆ですが
なんとなく憎めないトコがあって
なかなかいいキャラですよ

聖人な小次郎の方が
イマイチつまらなく感じたり

機会があったら
是非ご覧下さい

全4巻のNICHIBUN COMICS版は
とっくの昔に絶版ですが
つい最近コンビニコミックで復刊しました
古書店なら割と見かけるのではないかと・・・
2014/05/23(金) 13:33:08 | URL | FULL本屋 #-[ 編集]
原作者です。とりあげていただき、ありがとうございます。
ほんさくはとても楽しんで書きました。
2014/09/20(土) 21:16:27 | URL | 鍋島雅治 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 原作者です。とりあげていただき、ありがとうございます。
> ほんさくはとても楽しんで書きました。



コメントありがとうございます

なんかうちのブログ
割とご本人様登場が多いような気が・・・
嬉しい半面
ちょっと心臓に悪かったり

「大江戸ジゴロ」は
いい意味でバカ漫画でしたね
兎にも角にも
読者を飽きさせない事第一みたいな

終盤駆け足なのも
この手の漫画のお約束だと思ったり

ところで
鍋島先生原作の
「凶獣の牙」ですが
コミックスめっさハンパな感じで終わってますけど
アレって全話収録されていないんでしょうか?
前から気になってて・・・

コミックス読者でしたので
連載版は知らない店主です
2014/09/21(日) 12:25:56 | URL | FULL本屋 #-[ 編集]
はい。バカ漫画をめざしました。でもエピソードの下地である、武蔵が小次郎を弟子達となます斬りにしたり、けして聖人君子ではなくものすごく野心のある現実主義者で変人だったとこなど各所に、史実や記録を元にしています。あわせてお調べいただくとなお、味わい深いかと。途中駆け足になったのは、大人の事情でございます。「凶獣の牙」も同様ですが、単行本以上に連載は長く続いており、最終回もあの作品らしい大団円を迎えております。連載の人気はトップの看板漫画だったものの単行本が売れずに出なかったのです。この度、電子書籍で単行本未収録分もこちらでお読みいただけるようになります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。http://dokuha.net/more.php
2014/09/21(日) 18:00:53 | URL | 鍋島雅治 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> はい。バカ漫画をめざしました。でもエピソードの下地である、武蔵が小次郎を弟子達となます斬りにしたり、けして聖人君子ではなくものすごく野心のある現実主義者で変人だったとこなど各所に、史実や記録を元にしています。あわせてお調べいただくとなお、味わい深いかと。途中駆け足になったのは、大人の事情でございます。「凶獣の牙」も同様ですが、単行本以上に連載は長く続いており、最終回もあの作品らしい大団円を迎えております。連載の人気はトップの看板漫画だったものの単行本が売れずに出なかったのです。この度、電子書籍で単行本未収録分もこちらでお読みいただけるようになります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。http://dokuha.net/more.php

コメントありがとうございます

武蔵って
幼稚園児でも知ってる超有名人なのに
イマイチ実像がはっきりしてなかったりしますよね
複数人物説とかあったり・・・
だからこそ人気なのかもしれませんが

しかし
恐ろしいのは大人の事情
「凶獣の牙」もですが「スキッパー」も
コミックス途中で止まってたような

なんにせよ
電子書籍で全部
それも無料で読めるなんて
いい時代になったものです

古書店的には
ビミョーにツライ感もありますが

鍋島先生
今後より一層のご活躍を
祈願しております
2014/09/23(火) 02:23:58 | URL | FULL本屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック