FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
プレ連載?
2013年07月29日 (月) | 編集 |
EVIL CRUSHER 魔矢
設定山盛り

車田正美「EVIL CRUSHER 魔矢」

本日は、
車田正美先生の「EVIL CRUSHER 魔矢」をご紹介

月刊少年ガンガン
 1996・2月号 ~ 3月号 連載


車田先生、
月刊少年ガンガンでも描いてました

ゆでたまご先生の「ライオンハート」が、
1993 ~ 1995年

ジャンプ作家の引き抜きカマしてたんでしょうか、ENIX

赤い風船
悪霊からの救いを求めるなら、
赤い風船に願いを込めて飛ばしましょう
魔矢
主人公・魔矢が現れます

自己紹介
エビルクラッシャー魔矢

なんとなく、
自己紹介の日本語が怪しいですが、
気にしないように

今回の敵は
エミリア
一見聖人風の悪霊

そしてその配下の
幹部3人
幹部3人
イケメン・デカブツ・女
基本に忠実です

最初にデカブツが瞬殺される・・・ってのがお約束でしょうが、
赤い矢
なんと女でした
ちょっと吃驚

上記のように、
摩矢の武器はダーツのような矢

赤い矢

白い矢
白い矢治癒

黄色い矢
黄色い矢爆裂

と、色によって威力が異なります
項羽・小龍兄弟の羽根みたいなもんですね

魔矢は、
実の両親を魔物に殺され
育ての親
子どもを亡くしたばかりの魔物夫婦に育てられました

基礎体温
悪霊世界で育った為、
体温が極端に低くなっており、
悪霊を倒す毎に、少しずつ体温が元に戻るとか・・・

理屈は良くわかりませんが、
そういうものなんでしょう

そして魔矢の左腕には、
光の魔弓
奥の手のような伝説の神器

なんつーか、
素晴らしく盛り沢山です、設定

これでもか!
これでもか!
と言わんばかりに

前後編から本連載
もう一花咲かせたる!みたいな
・・・残念でした

つまんなくはないんですよ、つまんなくは
徹底的にわかりやすいお話作りで、
カタルシスもありますしね

なにかもう一味足りなかった感があります

車田作品で、下手すりゃ一番マイナーかも?
ガンガン連載なのに、ホームコミックスだし

店主的に、
リンかけ2よりは、
EVIL CRUSHER 魔矢やった方が良かったかなぁ

どっちにしろ
顔だけサインペンは勘弁して欲しいですけど
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
とりあえず魔矢は同時期に発表された他の作品と一緒に
集英社から再発行されてますので、よかったら。

>リンかけ2よりはEVIL CRUSHER 魔矢やった方が
しかし魔矢はあれで一応うまくまとまってたハズなので、少し複雑なところですがね。
俺としてはやはり男坂および雷鳴のザジの続きを、あの当時にこそリンかけ2よりも
最優先でやるべきだったんじゃ? と。まぁリンかけ2は前作の唐突な部分に対する
作者本人からの解答があるだけイイですけど。

>顔だけサインペン
https://www.cavzodiaco.com.br/images14/entrevistakurumada.jpg
だ、そうで……こういう症例*2を真っ先にフォーカスしない&直ちに治癒出来ないなんて
我らが日本の医療の現状は何たる為体だと毎度毎度悔やまれてならないばかりです。
そもそも医療ってのは本来こういう症例にこそ真っ先に対処されるべきモノのハズでしょうにって話だ。


*もっとも車田先生の症例に限定した話でも無いですがね……マンガ業界に限定しても
あの人とかこの人とか、当て嵌まり過ぎるケースが多過ぎてならぬばかりよ。
2017/03/24(金) 08:29:55 | URL | 流浪牙-NAGARE@KIBA- #-[ 編集]
訂正+α
こういう症例*2→こういう症例*

>ジャンプ作家の引き抜きカマしてたんでしょうか、ENIX
このころは少年エースともども、どういう路線メインで行くべきなのか
試行錯誤していたのかもしれませんがね。まぁ、あれから両者(あとは同系列の皆様がた)ともに
良くも悪くも今みたいな路線で一本化してしまったのは、実に残念でならないばかりですが。
いわゆる「あちら側」ばかりじゃない側の人をいくらか置いといた方が、色んな意味で有利なハズ、では……ねぇ。
またはそういう人達に「あちら側」を手がけさせたりするテイスト融合なんかも、見たかったり。ダメだよ蛸壺にさせちゃ
2017/04/01(土) 02:52:45 | URL | 流浪牙-NAGARE@KIBA- #-[ 編集]
アニメ化したら見てみたいナ
2019/10/28(月) 18:38:28 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック