入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
神の晩年
2012年10月27日 (土) | 編集 |
ミッドナイト
うーん・・・

手塚治虫「ミッドナイト」

本日は、
手塚神晩年の作品「ミッドナイト」をご紹介

週刊少年チャンピオン
1986 ~ 1988年 連載


手塚神、最後の週刊連載作品ですね

「ブラックジャック」「七色いんこ」の流れを汲む、
裏世界プロフェッショナルモノです

オープニング
毎回、こんなナレーションで始まる本作

三戸真也
主人公はモグリのタクシードライバー
通称・ミッドナイト

元珍走団の不良ですが、
友人である少女を乗せた時に事故を起こし、
植物状態
少女を植物状態にしてしまいました

限りなく脳死に近い状態ですが、
まだ辛うじて回復の可能性がある為、
ミッドナイトは必死で治療費を稼ぐのです

ミッドナイトの愛車の
ミッドナイト 愛車
5つ目のタイヤは、当時すげーインパクトありました

どこに入ってるんだ?って野暮は言わない

しかもこの車、
自動操縦 1
自動操縦で、
自動操縦 2
いつでもどこでもミッドナイトのもとに駆けつけます

殆どクリスティーン

こんな超高性能な車を持ちながら、
ゴミ
割と普通に営業してるミッドナイト

こんなんで高額な医療費を稼げるとは思えませんが、
まぁ当時の日本は好景気でしたから

でもリスク高過ぎる気もするなぁ・・・

昔、鷹岬諒先生の「チャージャー500」という、
ひと乗せ500万の運び屋漫画があったのを思い出しました

結局のところ、白タクですので、
なんつーかイマイチ浪漫に欠ける気もしたり

そう、本作は正直言って、
手塚神の作品ではハズレ寄りなんじゃないかと思います

1話完結は漫画の華ですが、
その分消耗も激しいですしね

体調を崩されてた手塚神には、ちょっとキツかったのかも知れません

リーゼンバーグ
リーゼンバーグ教授の話とか、
詰め込み過ぎてポカーン状態に

本作は、途中で
ブラックジャック
BJが登場
最終回ではとんでもない事になります

・・・が、最終回まで収録されてないんですよ、
この少年チャンピオン・コミックス版は

秋田漫画文庫版と、コンビニ本には収録されてると聞きますが

当時、連載で最終回を読んだ店主
結構マジで頭抱えました
これは未収録もしょうがねぇかなぁ・・・って

手塚神がご存命でしたら、
再コミックス化の際に直したりしたんじゃないかと

手塚神、コミックスでオチまで変えるから

しかし、アタリもハズレも山盛りあるからこそのです
一度ご覧になっておいて、損は無いと思いますよ

本作でも、
手塚神十八番・スターシステムは健在
ヒゲオヤジ
ミッドナイトのアル中親父はヒゲオヤジでした

他にもお馴染みキャラが登場してますので、
是非ともご確認下さい
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
うーん・・・手塚治虫「ミッドナイト」本日は、手塚神晩年の作品「ミッドナイト」をご紹介週刊少年チャン
2012/10/28(日) 23:20:21 | まっとめBLOG速報