FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ホビーロボット第四弾
2012年09月17日 (月) | 編集 |
アクト・オン!
今回はリアル寄り

神矢みのる「アクト・オン!」

本日は、
神矢みのる先生の「アクト・オン!」をご紹介

月刊少年ブラッド
2006・7月号 ~ 11月号
FlexComixブラッド
2007・1月号 ~ 6月号 8月号 連載


途中からはWEBコミックに移行してますね、
少年ブラッドって瞬殺だったし
白井三二朗先生の読切が、予告に載った号で休刊・・・オーマイガッ

本作は、
神矢先生お得意のホビーロボ漫画

「プラレス3四郎」「FM戦士SUMOキッズ」
「プラレスラーVAN」
に続く第四弾

しかし今回は、
ROBO-ONEと協賛して、割とリアル寄りになっています

樹香苗
ヒロイン・樹香苗

兄が通っていた名門・神楽坂学園に入学できてテンションハイ

樹香苗&駆動亜久斗
そんな香苗に、
登校途中で出会った男は、いきなりこんな発言

名門神楽坂学園
香苗はこんな風に思ってましたが、
最低の寄せ集め校
現実はこうでした

ショックを受ける香苗でしたが、
そこはポリアンナレベルのポジティブさで、
兄が在籍していた機工部に入部しようとします

しかし機工部は、底辺中の底辺
冥士郎
部長
満里奈
ダメ人間たちの吹き溜まりでした

朝方出会った男・駆動亜久斗(1ダブ)も、
その内の一人

またまたショックを受ける香苗ですが、
ひょんなことから、
直起
機工部メンバー・直起の造った
アクティオン
アクティオンで、クラフト部とバトルする事に・・・

このアクティオン、
ROBO-ONE用のロボットでリアル系ですので、
前進・旋回
動作もこんな感じ

プラレスとはエライ違いですな

でもまぁ、作中では
アクティオン VS KHR-1

アクティオン VS ROBONOVA-Ⅰ
こんな感じで迫力満点に描かれますのでご安心を

ほら、柔王丸の顔と一緒で、
心の目で見るんですよ、ウン


VANが、ちょっと話がデカくなり過ぎたっつーか、
兵器産業とのガチバトルになっちゃったのに対して、
本作はあくまで高校生の部活ってのは良かったと思います

生徒会長
こんなお約束もあって

掲載誌の都合とかあって、
全2巻で打ち切りエンドだったのは残念

香苗が操縦者で、
特訓
亜久斗が特訓してくってのも、
面白い試みかと思いましたが、
割と早い段階で、
新型アクティオン
亜久斗に完全移譲しちゃったり・・・惜しいなぁ

ホント、メッチャ惜しい作品でした

神矢先生は、まだまだヤル気満々のようですので、
またいつか復活して欲しいものです

余談ですが、
作品の性質上、
実在のロボを悪役にしてしまって申し訳ない
みたいな事を後書きに書かれていましたけど、
自分のマシンが、
マッドハリケーンブラッディーXエルウラカンキングボヘミアンになるなんて、
それこそバッチコーイ!ですよね

ROBO-ONEやってる方は、
大抵プラレス3四郎読んでるでしょうし
関連記事
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
紙媒体
楠見らんま先生の、みちるダイナマイトが単行本が30ページの書き下ろしで他社で単行本化に気が付かず。


奧瀬サキ先生の火閻魔人も復活してました。


ネット連載の漫画は何とか追えますが、紙媒体は分かりませんね。
2012/09/18(火) 13:30:26 | URL | テクノン #-[ 編集]
Re: 紙媒体
> 楠見らんま先生の、みちるダイナマイトが単行本が30ページの書き下ろしで他社で単行本化に気が付かず。
> 奧瀬サキ先生の火閻魔人も復活してました。
> ネット連載の漫画は何とか追えますが、紙媒体は分かりませんね。


コメントありがとうございます

新刊書店でのマイナーコミック率がドンドン減ってますしね
ますます新刊書店から足が遠のきそうです
2012/09/20(木) 15:40:10 | URL | FULL本屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック