力が正義ではない

2 0
タイガーマスク二世
正義が力だ!

梶原一騎・宮田淳一「タイガーマスク二世」

本日は名作の続編漫画をご紹介
「タイガーマスク二世」です

今回の作画担当は、宮田淳一先生
「モデルガン戦隊」でお馴染み(?)ですね

増刊少年マガジン
1981・9・11号 ~ 1983・1・6号 連載

※コミックスには初出表記なし、ネット情報です

タイガーマスク連載終了から10年
虎の復活です

宇宙仮面SF
謎の覆面レスラーの襲撃を受ける日本プロレス界

タイガーマスク2世
そこに死んだ筈のタイガーマスクが登場・・・

そう、本作では
伊達直人
伊達直人は死んでます

原作準拠って事なんですが、
あれだけ必死に隠したタイガーマスクの正体

熱心なプロレス研究家が解明しちゃってます

スゴイな、プロレス研究家

そして、
タイガーマスク2世の正体は
亜久竜夫
日の出スポーツの記者・亜久竜夫

彼を、初代の健太と思ってる方が多いと思いますが、
別人です

こまどり学園(何故かちびっこハウスにあらず)の孤児の一人で、
一番身体が大きく、運動神経が発達していた、
要はモブの一人です

タイガーマスク = 伊達直人 と知った竜夫は一念発起し、
虎の穴に自ら乗り込み、地獄の特訓を受け、
その後世界各地を武者修行で周っていました

どう計算しても年齢的に無理が出るんですが、
気にしないようにしましょう

虎の穴は、初代タイガーが壊滅させてしまった為弱体化
以前よりも大人しいプロレスラー養成学校になってます
上納金とか取ってないし

っつー訳で、
今回の敵は、宇宙プロレス連盟

石油王ハッサンが黒幕と推測され、
日本プロレス界を牛耳ろうと目論んでいます

この石油王ハッサン
金にも勿論興味がありますが、
何より格闘技大好き

石油王ハッサン

2世たちに刺客を送り込む事を楽しんでいます

石油止められたら日本終わりですので、
そりゃもう必死ですよ

そして送り込んで来る覆面レスラーは・・・

吸血仮面 ザ・バット
吸血仮面 ザ・バット

生きとる凶器
ヘル・ホークス

エジプタス
エジプタス などなど

キワモノばっか・・・

吸血仮面 ザ・バット、
何気に問題発言しとんなぁ

ヘル・ホークス、もう凶器ってレベルじゃない

エジプタス・・・これ、ミスター・ノーの焼き直しじゃねぇか

このまま、
宇宙プロレス連盟とのバトルメインで行くかと思いきや、
途中から現実のプロレスとリンクさせようとして、
ドンドン迷走していくのが本作

企業戦争
全日と新日の企業戦争とか、
四角いジャングルかよ

挙句の果てには、
新マスク
マスクまで佐山タイガーにリンク

もう頭抱えるしかない

偉大な前作が無くても、
ダメだこりゃな作品になっちゃいました

梶原一騎先生、露骨に衰えてるのが切ない

同時期にやってたアニメも大爆死
結局佐山タイガーだけ大ヒットという・・・

店主もこの漫画版は擁護できませんが、
実はアニメ版が結構好きだったりします

ファミリー劇場で観たんですけど、
亜久竜夫の気のいいお兄ちゃんっぷりとか、
終盤の盛り上がりとか、意外と面白いんですよ

最終回、
初代同様マスクを外してのバトルになるんですが、
こちらは爽やかそのもので

レンタルは多分無いと思うんですが、
CSとか、機会があったら観て欲しいですね
関連記事
ページトップ