入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
平成のはじめ
2017年03月09日 (木) | 編集 |
朝な夕なに
もうそんなに・・・

原口清志
「朝な夕なに」


本日は
原口清志先生の
「朝な夕なに」
をご紹介

月刊アニマルハウス
 1989・6月号 7月号
 1989・11月号 ~ 1990・3月号 連載


舞台は神戸

主人公
冬木時朗
はじめて降り立った時
目にしたモノは・・・
第1話
ワイルドなチャンネー
地獄絵図
地獄絵図

時朗に
メンチ切り
メンチ切って
去っていくチャンネー

怖
こ こわ~~~

チャンネー
本職4人と喧嘩して
全員半殺しにした模様

神戸怖い
時朗がそう思うのも無理なし

気を取り直して
引越し先に向かいますが
二重契約
部屋がない

二重契約ですってよ

はじめての神戸
あてなし
あてのない時朗

ポイ捨てしたら
大惨事
大惨事

コーヒーを配達中の
金髪少女に
缶をブチ当てちゃいました

STOP ザ ポイ捨て

その後
謝罪もあって
喫茶店
金髪少女の喫茶店へ

そこで
コレもなにかの縁
下宿
下宿を紹介されます

その名も
迷亭館
迷亭館

願ったり叶ったり
禍福は糾える縄の如し
っつーヤツですな

しかしその時・・・
帰還
ウエイトレス1号帰還

中華街で見た
亜紗菜
チャンネーですが
温和
なんか様子が・・・

彼女は
完全交代人格
完全交代人格とか

姉の亜紗菜
温和な性格なのに対し
妹の夕菜
物凄い問題児

元々は
双子の姉妹だったのですが
3年前
片方が事故で亡くなり
憑依
生き残った方に
取り憑いてる?

困惑する時朗ですが
夕菜
夕菜に気に入られたらしく・・・

といった
二重人格コメディ

初期作品
Cheese.jpg
「Cheese」
の系統ですね

原口清志先生といえば
アクションホラーって方が
殆どじゃないかと思いますが
こういう
ホームコメディ路線
ホントいいのですのよ

それにしても
今回読み返してみて驚いたのが
古びてねぇ・・・ですな

独特な
原口先生の絵柄もあんのかな

そらまぁ
風俗描写
メッセージ
こういう
メッセージとかが
時代を感じさせますが
今読んでも
十二分に楽しめるんじゃないかなと

平成元年の作品ですが
店主オススメ

原口先生
最近商業活動されてんでしょうか

成年漫画以降
拝見しないんですけど・・・

新作読みてぇなー


スポンサーサイト