入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
リストラ漫画家
2016年02月01日 (月) | 編集 |
55歳の地図
昔読んでたなぁ

黒咲一人
「55歳の地図」


本日は
黒咲一人先生の
「55歳の地図」
をご紹介

週刊漫画ゴラク
 ’04・7月 ~ ’05・2月 連載


黒咲一人先生は
無頼風
「無頼風」など
バンカラアクションコミックで
活躍された作家さん

ですが
2003年
2003年
とうとう原稿依頼が皆無に

仕方なく
ハローワーク
ハローワークにも行きますが
中卒で漫画だけ描いてきた黒咲先生
・・・全く潰しが効きません

そこで一念発起

少ない家財道具と
原稿を全て処分し
さとう輝

本宮御大・高橋よしひろ
漫画家仲間に挨拶

なにか
衝撃的な事実が判明していますが
気にしないようにしましょう

放浪の旅
55歳
放浪の旅
に出る事を決意します

具体的には
自転車での四国八十八ヶ所まわり
お遍路さんです

ポンコツ三輪自転車
ポンコツ三輪自転車に
全財産を載せて
いざ四国へ!

パンク
いきなりパンク!

しかも
修理道具未所持!

パンク自体は
パンク修理
旅先で知り合った若者にもらった
修理パッチで直りましたが
なんつーかね
黒咲先生

超行き当たりばったり

そんな人が
極貧
どん底極貧お遍路をする訳です

そら
一心さん
こんな事も言われるわ

この中年男性
一心さんとの出会いが
黒咲先生の旅路に
大きな影響を与えます

お遍路の心構え
墓場
大きな声で言えない事
教えてもらったり・・・

一心さん
そして
お接待
地元の人々との触れ合い

黒咲先生は
四国八十八ヶ所まわりを
完遂できるのでしょうか?

といった本作

お遍路さんネタでは
アルキヘンロズカン
アルキヘンロズカン
10年ほど先駆ける
元祖漫画家お遍路漫画です

どちらも
仕事をなくした漫画家が
お遍路で自分を見直すお話ではあるんですが
黒咲先生の場合
55歳という年齢があります

それ故に
冥土への入り口
死の影がちらつきます

時期も真冬だし

なんか
超過酷な土地っぽく描かれてますが
穏やかでいいトコですよ四国

閑話休題

陰鬱な空気は
人を選ぶかもしれませんが
流石の漫画力

店主オススメです

しかし
本作こそ話題になったものの
その後黒咲先生
復活した訳でもないんですよね・・・

現実は厳しい

ただ
最近は
55歳の地図 again
電子書籍で
続編(ネーム状態だそうですが)
発表されてるとか

店主
こちらもまたチェックしたいと思います


スポンサーサイト