入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
嗚呼懐かしの80年代
2016年01月22日 (金) | 編集 |
魔諭邏 MAYURA
店主の青春時代

大迫純一
「魔諭邏 MAYURA」


本日は
大迫純一先生の
「魔諭邏 MAYURA」
をご紹介

ハイパーゾーン 連載

5年半ほど前に
一度チョロっと取り上げていますが
今回
再入荷に併せてonce more

二日前から発生している
連続惨殺事件
捜査中の刑事2人

響き渡る悲鳴に
慌てて駆けつけますが
連続殺人
時既に遅し

チェーンソーでも使ってるのか?

人間の力では
到底ムリな真っ二つっぷりです

そこに
襲撃
謎の影

真っ二つ
部下真っ二つ

そのまま逃走した謎の影

そして背後には
謎の少女
謎の少女

謎だらけやな

少女は
まゆら
まゆらと名乗ります

謎の影は
妖怪だとか

まゆら曰く
自然
人間が
自然をいじり過ぎたので
バランスが崩れ・・・

その時
遂に全貌を現す
妖怪
妖怪

妖怪?
ゾアノイドじゃなくて?

迎え撃つまゆらは
魔諭邏の鬼
鬼へと变化

戦闘
一大バトルの後
一刀両断
一刀両断

訓示
このままだと
第2第3の・・・


っつー訳で
結局スケープゴートになって
辞職した刑事
辞職
氷頭(ひず)私立探偵

再会
再会したまゆらとともに
第2第3の・・・と戦う事になります

といった
基本一話完結
美少女伝奇アクション漫画です

自然のバランスが・・・とか
美少女が実は鬼とか
武器が独鈷杵とか

80年代に割と流行りましたよね

作画こそ正直拙いものの
基礎がしっかりしていますので
非常に読みやすく
四半世紀経った今でも
十分楽しめる出来ではないかと

終盤の意外な展開といい
キレイにまとまっていますのね

全1巻

2010年に亡くなられた
大迫純一先生唯一のコミックス

2016年1月現在
復刻も電子書籍化もされていません

更に
徳間のアニメージュコミックスですからね
割とレアみたいな

大迫純一先生のファンの方
この記事で興味を持たれた方

うちにも滅多に入りません

この機会に是非どうぞ


スポンサーサイト