FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
恋のときめき
2015年11月16日 (月) | 編集 |
いっときの恋
一刻の恋

嘉納悠天
「いっときの恋」


本日は
嘉納悠天先生の
「いっときの恋」
をご紹介

月刊コミック乱
 2014 1・3・7・10・11月号 掲載


粋刻
恋茶屋「粋刻(いっとき)

田下治左衛門
ここを訪れたのは
結婚
同僚の結婚話から

結婚相手のあだ名が
と噂される女性で
意気消沈している同僚は
治左衛門に告げます
恋
をしてみたくはないか・・・

武士の結婚は
家同士の繋がりですからね
恋とか二の次三の次

この粋刻は
恋のときめき
恋のときめきを売るお店

ルール説明
ルールはこう

要するに

性的なサービスは一切なし
料理も極々普通
購入した蝋燭が消えるまでの間
女性と擬似恋愛が出来る・・・
みたいな

同僚からの紹介ですが
待ち時間
ドンドン不安になる治左衛門
不安
逃げようか・・・

そこに
美女
美女登場

美女の名は
さより
さより

食事をしながら
他愛無いお喋りをするだけですが
蝋燭一本でおよそ2時間

かなりリーズナブル

すっかり
夢中
夢中になってしまう
治左衛門ですが・・・

といった
ちょっと変わった茶屋
粋刻を舞台とした
オムニバスストーリーです

第2話
第2話
女性に不自由していないものの
恋をした事のない男

第3話
第3話
女性恐怖症の男

第4話
第4話
こちらは客ではなく
粋刻に入ったばかりの女の子


バラエティに富んでいます

前のお話に出たキャラが
その後も
チョコチョコ出てるのが楽しいのね

正直地味な作品ですが
があってとてもいいのです

毎回読後感も良し

第5・6話では
第5・6話
粋刻の成り立ち話
この一冊で
キレイにまとまっていますが
連載は不定期に継続中です

つっても
第7話掲載後
一年近く音沙汰がありませんが・・・

んー・・・
なんとか2巻出るまで
頑張ってほしいものです

しかし
コミック乱系統の
鉄板っぷりはスゴイ
抜群の安定感なのね

そら
20万部売れるわ

皆さんも
食わず嫌いはやめて
是非ともご一読いただきたいのね


スポンサーサイト