入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ひっそり復帰
2014年10月07日 (火) | 編集 |
週刊女性
こっそり復帰?

本日は小ネタです

主婦と生活社発行の
女性週刊誌
「週刊女性」

こちらで最近
漫画の新連載が始まりました

ニコラオスの嘲笑
郷田マモラ・長岡敦子両氏の
「ニコラオスの嘲笑」

そう
「きらきらひかる」などでお馴染みの
郷田マモラ原作作品です

シングルマザーの警部補
森村つぐみが主人公

部下の凡ミスで
誤認逮捕
通り魔殺人犯人を取り逃した事によって
大規模な誤認逮捕が勃発するお話のようです


店主
第1話読み逃してます

こちらが
加治清
誤認逮捕される(?)加治清
コミュ障気味で
20代半ばを過ぎてもフリーターです

彼と
彼に好意を寄せる
田原まりも
田原まりも

発達障害を持つ彼女と
清との恋愛が描かれています

毎回ラストは
逮捕まで
逮捕までのカウントダウン

なかなか興味深い作品ではありますが
郷田マモラ氏

セクハラ逮捕の後
ペンネーム変えて出直す
って言ってましたよね

作画じゃないからセーフ?

っつーかね
正直な話ですね

性犯罪者に
人の道を説かれたくないわな


「きらきらひかる」は
店主も好きでしたし
作品と作家は別ってぇのも
理屈ではわかりますよ

でも
クレイアンヌ
こういうのまで読んじゃうとねぇ・・・

作中ではイニシャルですが
誰がどう見てもマモラ氏です

これから先
弱者とか正義とか書かれても
正直微妙な顔になりそうよ店主

正しく生きる
どの面下げて・・・とまでは言いませんが

読者にこんな思いをさせるくらいなら
素直に改名して欲しかった店主です

しかし
週刊女性愛読者の皆さま

マモラ氏って
ザ・女性の敵って感じなんですが

その辺どう思ってんでしょか?
ひょっとして事件知らない?

ちょっと気になったり

余談ですが
「週刊女性」は他に
ぶっちゃけアニマルズ
「ぶっちゃけアニマルズ」

ハートのしっぽ
「ハートのしっぽ」が連載中

「ハートのしっぽ」
もう10年近く連載してんですな

どちらも
コミックスは未発行(若しくは途中まで)ですが
電子書籍版が出ています

これからの時代
そういう作品が増えていくんでしょうね

漫画マニア的には喜ばしくても
古書店的にはちとツライ

うーんジレンマ
スポンサーサイト