入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
動物さんがイッパイ
2014年08月18日 (月) | 編集 |
東カール・シープホーン村
イッパイ過ぎるわ!

紫堂恭子
「東カール・シープホーン村」


本日は
紫堂恭子先生の
「東カール・シープホーン村」
をご紹介

コミックアイズ
 2001・4月号 ~ 12月号
紫堂恭子
 ファンタジックワールド 掲載


昨日の記事で
ちょっと取り上げましたので
この際ご紹介しとこうかと思っちゃったり

両親が
4日間の旅行に出かけた為
他所に預けられていた
マリーアン

目覚めると
マリーアン
見知らぬ田舎村

どうやら
預け先から盥回しされた模様

階下に行くと
家人が
羊
羊でした

デール夫妻
デール夫妻
悪い人(羊?)ではないようですが・・・

ここは
東カール地方の
はしっこの山の中
シープホーン村

村に行ってみましたが
シープホーン村
みんな動物

そんな中
エディ
少年・エディだけは
人間に見えます

両親の迎えはまだ来ません
両親
事故で亡くなった?

マリーアンは
動物だらけの村で暮らす事に

エディ以外にも
エディの狩りの師匠
ヒルランド
ヒルランドも人間に見えます

何故
彼らだけが人間に見えるのでしょうか?

森には逆に
白い鹿
人間に見える白い鹿も・・・

いろいろ謎はありますが
割とのんびり暮らすマリーアンです

甘やかされた所為で
肉
なんつーかこう
毛糸
かなりの世間知らずではありますが
根はいい子ですんで

キャシー
ケンカ友だち(?)も出来ました

村人たちや
エディやヒルランド
デール夫妻との交流によって
成長していくマリーアンを描きます

本作の世界は
紫堂恭子先生の代表作
「辺境警備」と同一ですので
ファンの方は必読ですね

昨日の
「イン・ワンダーランド」同様
なにやらいろいろ
悔い改めてしまいそうになる店主
癒し癒し

上・下巻でキレイにまとまって
店主オススメでございます

しかし・・・
死
本日誕生日の店主
あまりこの事は考えたくねぇなぁ

だいぶこう
近づいて来ちゃってるからハイ
スポンサーサイト