入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
およそ10年
2014年01月31日 (金) | 編集 |
緑の髪のアミー
割とるろうに

ふくやまけいこ
「緑の髪のアミー」


本日は
ふくやまけいこ先生の
「緑の髪のアミー」
をご紹介

まんがライフ
まんがライフオリジナル増刊号
まんがライフセレクション 掲載


本作の舞台は
千葉県蚕浦
沖合には
人間ブーム
人魚たちの世界があります

そこでは現在
人間ブームの真っ最中

人魚のアミーは
日焼けサロンならぬ
足分けサロンに通って
人間の足を手に入れています
現代っ子は魔女のクスリなんかに頼りません

その人魚世界には
一台だけですがテレビまであったり・・・
テレビ
テレビ放送で
友人のイルカ・ダスキーの父親が
蚕浦シーワールドに居ると知ったアミーは
人間のファッション
人間に扮して
連れ戻そうとします

憧れの俳優
海野ユースケに会えるかも・・・ってな下心もちょっと

蚕浦シーワールドの職員
権藤和葉
権藤和葉を気に入ったアミーは
ちょくちょく人間世界へと足を運ぶように

因みに
アミーは幼少時
幼少時
人間の男の子を救った事があります
・・・基本に忠実ですね

その後
憧れの俳優
海野ユースケがアミーを気に入って
海野ユースケ
ちょっとした嘘をついたりと
割とラブコメ色の強い作品になっています

第1話は
2001年の「まんがライフ」
こちらのコミックスの発行が2011年

なんと10年

雑誌もあちこち流浪してますので
店主も後半を読むのは初めて

おー・・・こう来るかみたいな展開

本作は
1話4~10ページ

 ふくやま先生が破綻せずに描けるリミットギリギリ

いい感じにまとまってると思います

次は
「ひみつの花園」もコミックス化希望
これも終盤読んでなかったりする店主

余談ですが
2011年といえば
東北地方太平洋沖地震
過度の自粛ムードの中
津波
こんなネタがありながら
良くコミックス出たなぁとか思ったり

プリキュアオールスターズDX3だと
津波シーンがカットされてたりしたもんね

ホント余談でした
スポンサーサイト