入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
圧倒的
2013年10月27日 (日) | 編集 |
パノラマ島綺譚
まさに適材適所

江戸川乱歩・丸尾末広
「パノラマ島綺譚」


本日は
乱歩作品のコミカライズをご紹介

まさに真打ち登場
丸尾末広先生の「パノラマ島綺譚」です

月刊コミックビーム
 2007・7月号 ~ 2008・1月号 連載


人見広介
主人公・人見広介
無名な小説家

売れない小説を書きながら
妄想
日々妄想を募らせています

妄想は妄想
実現することなどあり得ないと諦めておりましたが
ある日
双生児
学生時代の友人
菰田源三郎の死を知らされます

人見と菰田は
双生児と間違われんばかりに瓜二つ

菰田の実家は
三重県随一の大富豪

人見の脳裏に悪魔の囁きが・・・

自らの死を偽装した人見は
菰田の郷里へと向かい
遺体
その墓を暴きます

歯
歯の下りは
エグさが凄まじい

そうして菰田と入れ替わった人見は
計画をスタート

金庫番
「この世に生きた証を残したい」
周囲をそう説得します

一度死んでんですからね
そりゃ反論しづらいわ

問題は
千代子
菰田の妻・千代子のみ

人見は皆を欺き
己の妄想を実現させる事ができるのでしょうか?

ストーリー自体は単純ですが
兎にも角にも
途轍もない圧倒的ビジュアルイメージ

これは是非とも直にご覧頂きたい
説明不要
ここで紹介するのは野暮の極み

しかし店主
原作確か読んだ筈

講談社から出てた
黒い函に入った乱歩全集で・・・

でもちょっと記憶曖昧

長田ノオト先生のコミカライズとか
いろいろ混じってそうなんス

また読み返してみたいんですが
どこに埋まっちゃったかなぁ

あとは
いつか観てみたいぞ
「恐怖奇形人間」
スポンサーサイト