入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
健康第一
2013年10月25日 (金) | 編集 |
ツボデカ調書
健康のためなら死んでもいい!

及川こうじ
「カラダによい健康事件簿 ツボデカ調書」


本日は
及川こうじ先生の
「カラダによい健康事件簿 ツボデカ調書」
をご紹介

週刊漫画サンデー
 昭和62年 ~ 平成元年 頃 連載


2年半ほど前に
一度紹介してるんですが
当時の記事は割とグダグダですので
今回再度ご紹介

本作は
ミステリと健康法を組み合わせた
全く新しい・・・


坪内健作
主人公・坪内健作

警視庁 横町警察署 刑事課係長
通称・ツボさん

とにかく民間療法大好き
ツボ療法
事件現場でも
しきりとツボ押しに励んだり

更には
遺族
遺族にも薦めたり
・・・これは時々怒られてます、空気読めって

そんなツボさんが
得意の民間療法知識で
様々な事件を解決していくミステリ漫画です

一話完結16ページですので
ハイペースで進みますが
倒叙ミステリもあったりと
バラエティに富んでいます

時代劇
番外編では時代劇も

ラスト
結構多い
「太陽がいっぱい」風ラスト

ちゃんとミステリ漫画してますので
その手の作品が好きなら
読んでも損はないと思いますよ

しかし
健康ネタを絡めるのも大変なんでしょうなぁ
時々
呼吸
メッチャ無理矢理な薀蓄が

そんなトコも含めて
店主は本作好きです

最近体調がイマイチ良くないんで
読み直して勉強しようと思う店主

腰痛
取り敢えず腰痛を何とかしたい

運動不足かぁ・・・
スポンサーサイト