入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
漫画と絵コンテを合わせた
2013年09月05日 (木) | 編集 |
仮面ライダースペシャル
全く新しい・・・のがいいのか悪いのか

石ノ森章太郎「仮面ライダースペシャル」

本日は
石森章太郎先生の「仮面ライダースペシャル」をご紹介
※店主は石ノ森に馴染めなかったタイプです

月刊少年マガジン
 1979・8月号 掲載


1979年
スカイライダー
「仮面ライダー(スカイライダー)」直前ですね
掲載号に俳優募集もされていました

上の画像は
劇場版スカイです
石森章太郎
石森先生特別出演
総監督(ナニソレ)も担当

この劇場版スカイは
かなり頭の狂った怪作ですので
機会がありましたら是非ご覧下さい

しかしスカイとは無関係だったりする本作

絵コンテ
映画「仮面ライダー」を作ると仮定した
史上初の絵コンテ萬画です

萬画って
石森先生が亡くなられてから
誰も言わなくなっちゃいましたね

襲撃シーン

こういった具合に
絵コンテと萬画が混在したスタイルです

主人公は筑波洋でも本郷猛でもなく
全くの新キャラ・風谷光二
見た目は「多羅尾伴内」の紙袋順平クリソツ

南米で事故に遭い
記憶喪失で帰国したという設定

謎の男たち

なにやら謎の男たちに監視されている様子

この注意書きのようなモノが
ところどころ挿入されるのも
絵コンテ萬画の特徴です

テレビを観ていた風谷は
記憶

自身が改造された事を思い出し
仮面ライダー
仮面ライダーになろうとします

要するにコスプレ

石森先生
この手のメタ気味なネタ好きですよね
「仮面ライダーBLACK」でも
そんな感じのがあったし

さらわれた(?)恋人を救う為
富士山麓に向かう仮面ライダー風谷
バイクアクション
迎え討つ敵組織
※クリックで画像拡大します

注意書きが
どことなく中学生の妄想ノートのようで微笑ましい

本拠地に突入した
仮面ライダー風谷の運命は?

とまぁ
こんな感じで100ページ

試みは新しいんですが
面白いかと言われるとちょっと・・・
コレ一作で終わったのもやむなしといった印象

っつーかね
キャラとストーリーがイマハチだったり

劇場でコレを観せられるのは
かなりツライと思います、店主
叩き台という注釈はありますけどね

仮面ライダーの漫画化作品としては
なかなかの珍品です

近年
文庫版「仮面ライダーアマゾン」に収録されたそうですが
なんつーか殆ど忘れ去られた存在な
仮面ライダー風谷

シンよりも気の毒なポジションの彼を
記憶の片隅にでも留めて欲しい次第

微妙に判官びいき?
スポンサーサイト