入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ボッボッ♪
2013年06月20日 (木) | 編集 |
新宿少年探偵団
僕らは少年探偵団♪

太田忠司・こやま基夫「新宿少年探偵団」

本日は、
太田忠司・こやま基夫両氏の
「新宿少年探偵団」
をご紹介

月刊サスペリアミステリー
'01・12月号 ~ '02・4月号 連載


元々は、
講談社ノベルスから刊行されている作品ですが、
コミカライズは秋田書店です

本作はズバリ
江戸川乱歩の少年探偵団オマージュ

羽柴壮助
ナイフ使いの野生児
羽柴壮助

神崎謙太郎
壮助の親友でコンピュータマニア
神崎謙太郎

七月響子
格闘技の天才
日本一ハードボイルドな女子中学生
七月響子

夢野美香
いつもは不思議ちゃんだけど、
二重人格者
頭脳明晰な第二の人格を持つ
夢野美香

以上4名が、
蘇芳
謎の少年・蘇芳
と、
そのアシスタント
ジャン・ポール
ジャン・ポールに導かれ、
(無理矢理)少年探偵団として活動する、
痛快娯楽作品です

戦うべき相手は、
新宿に跋扈する怪人たち

マッドサイエンティスト
芦屋能満
芦屋能満の弟子です

最初のターゲットは・・・
髑髏王
髑髏王!!

店主、
太田忠司先生のミステリは結構好きでして、
いろいろ読んではいたのですが、
この「新宿少年探偵団」は未読でした

っつー訳で、
丁度いい機会とも思いましたんで、
読んでみました原作を

新宿少年探偵団 原作
こちらが原作

店主、
ノベルスの上下二段表記が大好きです

こちらのイラスト担当は、
大貫健一先生

こやま版のキャラデ、
割と大貫版に似てるかな

原作好きな方が読んでも、
違和感が無いデザインではないかと

しかし、七月響子の横髪びろーんが、
なんともこやま基夫先生っぽいなぁと思った店主

ストーリーラインは原作に沿っていますが、
当然ながらあちこちアレンジされています

まず4人を蘇芳がテストしたり、
スカウト
スカウトも、蘇芳が勝手に応募してたり・・・

原作よりも、
4人が選ばれた感を強めています

他に、
壮助が美香の事を好きだったり、
4人とも家族に恵まれず、
現状に違和感を覚えている、といった設定はオミットされ、
より娯楽色を強めた作風に

キャラデもあって、
傲岸不遜な俺様・蘇芳は、
悪戯っ子的な印象になっています

更に
阿倍北斗
この話には登場しない
阿倍北斗警部補が登場してたりも

読み比べてみるのもいいでしょうね

原作は全9巻
店主は現在5巻まで読了

他の巻も、
こやま先生のコミカライズで読みたいなぁ

今回ラストにちょっとだけ登場する、
大鴉博士なんて作風バッチリ合いそうですし

ところで映画版ってどんなもんです?
レンタル探してみたんですが、どこにもナッシング

ジャニーズJr.ファン狂喜する出来らしいんですが・・・
観たいような、怖いような
スポンサーサイト