FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
つまんなくってゴメン!
2013年05月10日 (金) | 編集 |
キュートな気分
うーん、懐かしい

すく・ろおる「キュートな気分」

本日は、
すく・ろおる先生の作品集
「キュートな気分」をご紹介

CANDY TIME 他 掲載

フランス書院コミック文庫って事で、
一応アダルトコミックになりますが、
成年コミック指定はされていません

指定第1号の
「IKENAI! いんびテーション」3巻が、
1991年2月の発行ですので、
自主規制自体は始まってたんですけどね

中身が大体
とんでもクリニック
この手の艶笑譚ですので、
指定の必要がないとの判断だったのでしょうか
※一応ちゃんとしたエロスもあります、ちょっとだけ

雪姫見参!
丸っこくて等身低めの絵柄が特徴

そして当コミックスのおよそ半分を占めるのが、
残念でした
つまんなくってゴメン!シリーズです

女子高生・さうり(豊岡小百合)と、
クラスメイトの毎日を描くドタバタコメディ

タイトルが毎回
「本当に  つまんなくってゴメン!」
「残念でした つまんなくってゴメン!」
「今度こそ  つまんなくってゴメン!」

といった具合で、
すく・ろおる先生の代表作と言えます

大体、毎回4ページのショート

必殺 旋風編
当時にしても、
若い子置いてけぼりのギャグですな

時には
ファンタジー版
こんなコスプレも・・・

同時収録のシリアスストーリー漫画
魔窟の丘
「魔窟の丘」もこうでしたから、
ホント好きだったんでしょうね

時々挿入される野球ネタ(特に阪神ネタ)は、
正直サッパリわかりませんでしたが、
それでも毎月楽しみにしていました

店主、エロ漫画誌の箸休め漫画大好きッスから

つまんなくってゴメン!シリーズは、
番外編(ストーリーもの)を含めて25話収録
もっと長く連載していたと思いますが、
残念ながら単行本化されたのはこれだけ

本誌はまだ取ってあると思うんですけどねぇ・・・流石に探すのしんどい

すく・ろおる先生
最近お見掛けしませんが、
出来ればまた新作を読みたいものです

永井道紀先生みたいに一般誌でとか

それにしても、
フランス書院文庫のタイトルセンスは最悪だ
スポンサーサイト