入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
麻雀 + コンピュータ
2013年04月04日 (木) | 編集 |
ハッカー 表紙
= 怪作
来賀友志・峰岸とおる「ハッカー HACKER 侵入者」

本日は、
来賀友志・峰岸とおる両氏の
「ハッカー HACKER 侵入者」
をご紹介

麻雀ゴラク 連載
※初出表記なし


「天牌」の来賀友志先生と、
「悪役ブルース」の峰岸とおる先生のコンビです

主人公は、
原田
昼はボンクラ教師

夜は依頼を受けて
ハッカー
麻雀仕掛人・ハッカーとして活動します

麻雀仕掛人ってのが、
どんな仕事か良くわかりません

ただ、麻雀劇画の世界は、
麻雀市場
麻雀を中心に世界が回っていますので、
深く考えずに読みましょう

女性麻雀スクール
ここにツッコんだら負けです

ハッカーという通り名は、
コンピュータを駆使して事件を解決する事から来ていますが、
そのコンピュータが・・・

入力
こうね、カチャカチャカチャと、
データ(?)を入力するとね

ショウサン
こんな感じで回答してくれるんスよ
そもそもキーボードがなんか変だぞ

こんなの、
峰岸先生の「あばれ隼」で見た覚えがあるぞ店主

勿論、
大型コンピュータは壁一面に設置してあって、
パンチテープ
パンチテープで情報を読みます

家庭用コンピュータ
俗に言うマイコンも・・・
マイコン
スゲーなオイ

70年代の作品なんかなーと思いましたが、
作中はなんと1988年です

もう家庭用コンピュータが一般化して、
「Ys」とか出てる時代ですよ

来賀先生、峰岸先生
おそらくお二人とも、コンピュータ全然知らなかったんじゃ・・・

今読むと、
その辺のミスマッチが妙な味になってますが

麻雀劇画のコンビニコミック化が流行している昨今
本作は現時点では復刊されていません

従って割とレア
今後も出るか?と言われると・・・うーん
興味のある方はお早目にどうぞ

爆弾処理
爆弾処理で
「何を切る?」をやっちゃう狂気の世界は見もの

余談ですが、
第1話で原田だった主人公が、
第2話で葵章一になってたりします

学校代わって、偽名変えた訳でもないのに
スポンサーサイト