入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
地図が読めない女
2013年03月24日 (日) | 編集 |
ちづかマップ
・・・ではありません

衿沢世衣子「ちづかマップ」

本日は、
衿沢世衣子先生の「ちづかマップ」をご紹介

メフィスト 
小説現代2007・5月増刊号 ~ 2009・1月増刊号 連載
※「尋ネ人探偵」改題


一度休刊したメフィストですが、
1年ほどで復活しました
本作は復活メフィストでの連載作品ですね

千束
主人公・千束
高校に入学したばかり

地図が大好きで、
お小遣いは古地図に突っ込んでいます

そんな千束の祖父は、
じいちゃん
戦後から60年以上続けて来た尋ね人探偵
時代の所為か、近年は依頼も減少気味ですが・・・

ある日、ちょっとした事故(?)を起こしてしまった千束
その修繕費の為に
 借金返済ポイント
祖父の仕事を手伝う事に

悠子
「真砂町のあおいちゃん」を探して欲しい

10年間会っていない幼馴染を探して欲しいとの依頼ですが、
依頼人は、幼馴染の苗字も住所も覚えていません
更に方向音痴ですので、道順もサッパリ

真砂町
横浜?栃木?鹿児島?
いえいえ、そんなに遠くありません
精々バスで20分

バスで20分
・・・ホントにあるの?

といった具合
地図と足を使って頑張ります

メフィストはミステリ小説誌ですので、
こういった日常の謎的味付けをしたんでしょうね

・・・中期以降はミステリ色殆ど消えますが

浅草十二階
従姉妹のりんちゃんと、
浅草観光に行ったり

寂光院
京都で御朱印集めに回ったり・・・

店主、
仕事の関係もあって出不精ですので、
こうした話も十二分に楽しめました

去年放送していたアニメ
「じょしらく」
武蔵野
東京・名所巡りのBパート、大好きでしたし

本作は全1巻ですが、
その後掲載誌を
「月刊flowers増刊 凜花」に移し、
ちづかマップ
新作が発表されています

旧作のキャラと、中盤以降の展開を引き継いでいますので、
こちらも要チェックですね

余談ですが、
店主はハンパねぇ方向音痴です

「近道してみようかな」死亡フラグ

学生時代、
忘れ物を自宅に取りに帰ろうとして迷いました
道が一本ずれると、もう何がなんだか・・・

利き手矯正をすると、方向音痴になるってホントでしょうか?
店主、左利きだったのを、幼児の頃矯正されたんですけど

他にもそういう方、居られましたらご一報を
スポンサーサイト