入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
テーマは愛と・・・
2012年12月06日 (木) | 編集 |
時間・空間・人物
「自主軟禁」

凛野ミキ「時間・空間・人物」

本日は、
凛野ミキ先生の「時間・空間・人物」をご紹介

2003・2月 2004・1月 2005・3月 発表
描き下ろし 一篇

※初出表記なし
 BE・BOY GOLD?

凛野ミキ先生の現在のペンネームは厘のミキです
読みは一緒ですけど

「愛」をテーマにした、
一話完結の短篇集である本作

ちょっと変わった作りになっています

表紙に居る2人
晃一(前)高志(後)が、
全ての話に登場しますが、
毎回設定は異なります

名前と見た目だけが同じで、別人設定です

第1話「復讐の巻」ですと
復讐の巻 高志・晃一
晃一は、無差別殺人事件の犯人
高志は、恋人を殺された被害者

高志は恋人の復讐を宣言しますが、
復讐の巻 歓待
何故か晃一を自宅に招き入れ、
歓待します

高志が行なう、
前代未聞の復讐法

第2話「病院の巻」
病院の巻 高志・創一
今回の高志は、
うつ病で(無理矢理)休職する事になった会社員

病院の巻 晃一
晃一は、友人・創一の弟
幼い頃の事件の為、
病院の巻 記憶障害
10年間同じ日を繰り返している記憶障害の少年

晃一に同情する高志ですが、
創一の行動に違和感を覚え始めて・・・
過去の事件の真相とは?

第3話「純愛の巻」
純愛の巻 高志
高志は、童話作家を目指すダメホスト
客のツケを背負わされて、働くほどに貧乏に

引越し先のボロアパートは、
純愛の巻 壁の穴
壁にが・・・

そこから見えた隣の住人が
純愛の巻 晃一
晃一
フラれたショックでナルシストになった男です

壁の穴を通じての、一風変わった交流
・・・ここまでが雑誌掲載作品ですね

第4話「期待の巻」は、コミックス描き下ろしです
他の3話が40ページほどの作品であるのに対して、
このお話は12ページの小品

期待の巻 高志
高志は、晃一に告ってフラれた男

期待の巻 晃一
晃一は、母親から過剰な期待を受ける受験生

軟禁状態で受験勉強に励んでいますが、
隣のビルから
期待の巻 監視
高志が双眼鏡で監視していて・・・

愛は愛でも異常な愛がテーマです
まぁ、割と簡単に道踏み外すもんだとは思いますけどね、愛って

凛野ミキ(厘のミキ)作品の中では、
「光」寄りでしょうか

あの超弩級ハートフルボッコ漫画に比べたら、
割と救いもあるんですけど

店主は第1話「復讐の巻」が好きです

掲載誌が掲載誌だけに、
復讐の巻 キス
BL描写もありますが、店主そういうの平気ですんで

この後、もちっと過激な描写がありますんで、
苦手な方はチューイ
平気な方はカモン

面白けりゃいいのよ、漫画って
スポンサーサイト