入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
暑くなって来ました
2012年07月08日 (日) | 編集 |
りんたとさじ
涼しくなりましょ

オガツカヅオ「りんたとさじ」

本日は、
不条理系ホラー漫画のご紹介
オガツカヅオ先生の「りんたとさじ」です

ネムキ 連載
※ 号数は各話ごとに


サジ
ヒロインのサジ

リン太
そしてその彼氏(?)リン太

サジは本名・佐藤順子

あだ名
あだ名を付けられただけで、
何故かリン太にゾッコンLOVE

本人も激安と自嘲してますが、
恋は異なモノと申します

験担ぎで、何やら怪しげなバイトもしているらしいリン太に、
惚れた弱みで振り回されるサジ

収録されているのは、

炬燵の人
リン太の先輩宅でのカレーパーティ
「炬燵の人」 2005・9月号

妖精の人
台所に出る妖精のお話
「妖精の人」 2006・1月号

味の人
入院している、サジの祖母のお話
「味の人」 2007・5月号

穴の人
穴はどこにつながっているのだろう
「穴の人」 2007・9月号

鳴く人
ネコのお葬式から始まるお話
「鳴く人」 2008・1月号

傘の人
大学祭でナースコスをしたサジは、映画を観てくれと頼まれる
「傘の人」 2009・3月号

また会う人
リン太とピクニックに行こうとするサジだが、周囲が異常に見えて・・・
「また会う人」 2009・5月号

さくらの人
大学教授と電話とサジ
「さくらの人」 2009・7月号

1巻収録の8話に、
約4年間かかっております

っつー訳で、
絵柄が結構変わってたり

「鳴く人」 → 「傘の人」 辺りが特に

割とスッキリ見やすくなってるかな?

内容は、前述のように不条理系

ハッキリした解決のない話が殆どで、
なんとももや~っとした気持ちになるコト請け合い

それが本作の魅力なんですけどね
絵柄と併せて、なんとも独特の空気を持ったホラー作品です

あと、生物関連でキッツイ描写多し

ゴキブリ・ヘビ・ネズミが苦手な方は、特に注意

うー、鳥肌が・・・吐くかも

食事しながら読むとか、ぜってぇやっちゃダメよ
スポンサーサイト