入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ホゲホゲ タラタラ
2012年06月25日 (月) | 編集 |
どろろ
ホゲタラポン・・・ドラッグキメるの良くないね

手塚治虫「文庫版 どろろ」

本日は、
手塚神の「どろろ」をご紹介

写実タッチの表紙がイカス、文庫版全3巻です

週刊少年サンデー
1967・8/27号 ~ 1968・7/22号
冒険王
1969・7月号 ~ 1969・10月号  連載


手塚神の作品では、
結構メジャーな方かと思いますが、超打ち切り作品だったりします

室町時代末期
醍醐景光
野心に燃える武士・醍醐景光は、
立身出世の為に、
生まれる予定の自分の子どもを、
48匹の妖怪に売り渡します

生まれた子どもは、
目もない鼻もない手足もない、
芋虫のような姿

景光によって、たらいに乗せて川に流される赤ん坊

時は経ち
百鬼丸
成長した赤ん坊は、
百鬼丸と名乗り、諸国を旅していました

48匹の妖怪を倒す為に

芋虫のようだった赤ん坊は、
寿海
寿海なる凄腕の医師に拾われ、
義手・義足などを装着して、人の姿を手に入れたのです

視力や聴力のような感覚器官は、
超能力でカバーしています

そんな百鬼丸と、
百鬼丸の刀目当てに付け回してくる
盗賊 どろろ
盗賊・どろろの旅を描きます

寿海に作ってもらった義手・義足には、
様々な武器が仕込まれています

メインウェポンは
百鬼丸 刀
腕に仕込まれた刀

他にも、
脚に水鉄砲(溶解液入り)や、鼻に爆弾などなど

肘から先が刀なんて、
すっげー使い難そうなんですが、
これは男の浪漫です

理屈じゃないんです

ササッと抜くのが、やたらとカッケーんです

コブラ
コブラのサイコガンは、
これにインスパイアされてるんじゃねぇかと

武一先生、手塚プロ出身だし

48匹の妖怪を倒す毎に、
妖怪退治
身体の一部が元に戻るという・・・この設定、堪りません

店主、本作大好きです

でも当時のウケはイマイチだった模様
アニメ化されたりもしましたが、大爆死です
※アニメはCSで何話か観た程度です、店主

唐沢商会のエッセイ漫画で、
「全然ウケなかったと語る手塚神」ってのがあったなぁ

・・・モッタイねぇ

その後パソゲーやコンシューマ、
実写映画化もされたりしてますんで、
ちょっと早過ぎたのかも知れません

どろろ 女
それにしても、
手塚神のフェチっぷりはブレない

そして、40年後・・・
スポンサーサイト