入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
自称・ざしきわらし
2012年06月04日 (月) | 編集 |
うちのざしきわらしが
ホントに?

てっけんとう「うちのざしきわらしが」

本日は、4コマ漫画のご紹介
てっけんとう先生の「うちのざしきわらしが」です

まんがタイムきらら
2010・2月号 ~ 連載中


※まんがタイムきららキャラット 2010・10月号 ゲスト

アパートで一人暮らしをする、
平凡な大学生・の元に、
祖母から宅急便が届きます

宅急便には野菜と・・・

宅急便

幼女が

祖母の話によると、
この幼女・わらは、ざしきわらしらしいんですが・・・

ざしきわらし4コマと言えば、

ざっちゃん

くろがねぎん「ざっちゃん」もありました

ざっちゃんは、
まぁ結構いろんな力を持っていましたが、
このわらは、

動物と話せる事と、

1円

お金を降らせられる

ただし1円

1円以上のお金を出そうとすると、
ひどい頭痛やめまいに襲われます

ぶっちゃけ、ほぼ無能力

甘いモノが大好きで、
わら
日がな一日食っちゃ寝食っちゃ寝ー

学、
単に扶養家族を押し付けられた状態に

わらはざしきわらしですので、
学が住むアパートの敷地からは出られません
(宅急便で送られて来たくせに)

しかし、
大家さん母娘
大家さん母娘


UMI_20120604174050.jpg
大学の後輩・夕美

夏子
夏子

などが次々と訪問しますので、
いつも賑やか

妖怪モノって事、完全に忘れます
幼女そのもののわらを、
案外キッチリ躾けている学スゲー

何気にモテモテなのも分かるような

妄想
エサイッパイ
大変なことに

時々ブラックなオチがあるのも、
いいアクセントになってます

どんなネタかは、
是非ともご自身でお確かめ下さい

そしてやっぱり
はとがいる
はとがいる
スポンサーサイト