入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ねこねこ
2012年05月26日 (土) | 編集 |
ねこガンマン 表紙
・・・幻想曲?

浜田ぢゅんいち「ねこガンマン」

本日は、
昨日に引き続きねこ漫画をご紹介
浜田ぢゅんいち先生の「ねこガンマン」です

昨日は総理、今日はガンマン
日本人、どんだけねこ好きなんだよ

月刊ファミ通ブロス
2001・12月号 ~ 8月号 連載

(2002年・8月号の誤植?)

・・・となっておりますが、
なんと当コミックス
雑誌掲載版をオール描き直ししております
そして残りは全て描き下ろし

結局、
コミックス全部描き下ろしです

すげぇ事すんなぁ・・・

まぁ、10年前の連載ですから、
描き直さずには居られなかったんでしょうけど

ねこ脳会議 本誌掲載版
雑誌掲載版

ねこ脳会議 コミックス版
コミックス版

雑誌版は雑誌版で味がありますが、
格段の進歩が伺えます

そんな本作、
舞台は西部劇っぽいトコ

ねこガンマン
主役は勿論、ねこガンマン

二足歩行にガンベルトが特徴ですが、
普通の銃は肉球が邪魔で撃てず、オモチャのような拳銃を持ってます

それを制作してくれたのは、
ガンスミス店長
隻眼のガンスミス店長

他にも
男ガンマン
気のいいにーちゃん・男ガンマン

ねこ人
ネコ耳は単なる装飾物のねこ人らがおり、
まぁ、これまたゆるゆるーっとしたお話です

裏設定は何気にハードっぽいんですが、
まぁ裏は裏ですので、
気にせずゆるい世界を楽しみましょう

二足歩行で人語を解すねこってのは、
ある種、人類の夢の一つなのかも知れません

まぁ、この世界
わんわん

犬も

偽ねこ
偽者も同類ですけど

家畜がコレだと、流石にドン引きするだろうなぁ
愛玩動物だからいいんだよね

ラストには、
この手のコミックスのお約束
予告編も収録
当然、裏設定バリバリのヤツ

2巻出るとイイね

・・・大抵出ないんだけど、
全部描き下ろした浜田先生のガッツがあれば、
なんとなく実現しそうな気もします

余談ですが、
ファミ通ブロスって、
ゲッターロボのカラー版連載してた雑誌ですよね?

なんのこたぁない、
単にカラー着色しただけの再録だったんですが

途中でチェックするのやめちゃったんですが、
アレって結局どこまでやったんでしょ?

全話?
スポンサーサイト