入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ミステリーっつーより・・・
2012年02月19日 (日) | 編集 |
ミステリーアンサンブル事件簿
ホラー寄りじゃね?

アンソロジー「ミステリーアンサンブル事件簿」

ハイ、メインマシン直ってませーん
本日もセカンドマシンでの更新です

正直、ココロ完璧に折れてます
泣きそうです

・・・気を取り直して

本日ご紹介するのは、
日本文芸社のコンビニアンソロジー「ミステリーアンサンブル事件簿」です

発行こそ、2011・7・20なんですが、
作品自体は結構古そうな感じです、コレ

川島れいこ

川島れいこ先生は、あんま絵柄変わんない方ですので、
判別は困難ですけど

因みに、
川島れいこ先生は、
大島やすいち先生の奥さん = 大島永遠先生のお母さん です

大島永遠先生の漫画で、家族全員が漫画家だって事は知ってても、
どんな漫画を描いてるか、ご存じない方が多いんじゃねぇかと

永遠先生の読者層と、あんま被って無いだろうし

レディコミ界の大御所ですよ
毎月、大抵のレディコミ誌に掲載されてます
(再録含む)

そしてこちらも大御所

まつざきあけみ

まつざきあけみ先生
この絵柄ってちょっと前のタイプじゃないですか?

最近は、なんつーか鼻がすんげーとんがってて・・・

閑話休題

本日、このアンソロジーをご紹介したのは、
ミステリー4作品が掲載されております

瀬方蚕先生

瀬方蚕

この絵柄・・・

ねぇ、ひょっとして、
いとう杏六先生じゃありません?
「必殺卓球人」「東洋妖人伝 用神坊」

顔の描き方っつーか、
トーンワークがすげぇソレっぽいんですよね

「瀬方蚕」で検索しても全然情報なし
いとう杏六先生は、パチ系漫画を描いてたりするようですが・・・

なんか妙に気になったんで、
ブログで書いてみました

情報をお持ちの方、是非ともプリーズ
スポンサーサイト