入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
もう5年・・・
2012年02月03日 (金) | 編集 |
極楽町一丁目
死ぬほど疲れたァ・・・

二階堂正宏「極楽町一丁目+新・極楽町一丁目」

本日は、
二階堂正宏先生のブラックコメディ
「極楽町一丁目」シリーズをご紹介

店主がこれを最初に読んだのは、
大学生の頃だっけかな?

大笑いしながら読んだもんですが、
周囲は誰も読んでなかったのも懐かしい思い出

お義母さまが寝たきりになってからもう5年・・・
死ぬほど疲れたァ・・・


こんなモノローグで始まるのが、
嫁姑地獄篇

のりこ

嫁・のりこ

お義母さま

お義母さま

旦那は単身赴任で長く留守にしており、
介護を続けるのりこは、肉体的にも精神的にも、限界を迎えていた・・・

嫁姑地獄篇 1

思い余ったのりこは、お義母さまを!!

嫁姑地獄篇 2

華麗に逆襲するお義母さま!!

・・・ってのが、毎回のパターン

お義母さまの言葉を(わざと)聞き間違えたのりこが襲撃、
お義母さまが
背負い投げ や 飛び蹴り で撃退するのがお約束

どこが寝たきりやねん!

まー、ブラックなお話ですわ・・・面白いけど

2巻・嫁しゅうと残酷篇のメインは

まさえ

嫁・まさえ

お義父さま

お義父さま

こちらのお義父さまはまだらボケ
同じく5年の介護で疲れ果てたまさえが、
お義父さまを手に掛けようとする訳ですが・・・

嫁しゅうと残酷篇 

不死身なお義父さま

嫁姑地獄篇と同じ攻撃をしたりしますが、
お義母さまとは違った意味で通じません

こちらも、お約束を守ったブラックコメディです

どっちかっつーと、
嫁姑地獄篇の方が、爽快感があって面白いかな

2巻もラストは嫁姑地獄篇で〆てますし

連載が「小説新潮」って事で、
普通だと読み逃してしまいそうですが、

面白い漫画は無限にある
それを読むか読まないかだけ


これが店主&当店のモットーです
興味が湧いてきた方、是非ともご一読下さい
スポンサーサイト