入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
異色ミステリコミック
2012年02月01日 (水) | 編集 |
外天楼
連載はミステリ誌「メフィスト」

石黒正数「外天楼」

本日は新入荷
石黒正数先生の「外天楼」をご紹介

「それでも町は廻っている」でお馴染みの石黒先生が、
講談社のミステリ雑誌「メフィスト」で連載したのが本作

「それ町」でもミステリネタがちょくちょく出てくるだけあって、
気合の入った作品となっております

メフィストは年3回の発行という事で、
全9話ですが、連載期間は3年

店主、周知の通り(?)ミステリ好きでして、
メフィストもずっと読んでました

でもまぁ引っ越し(移店)とかいろいろありまして、
この「外天楼」は第1話しか読んでなかったり

外天楼 #1

第1話は、
少年たちがエロ本を探求するお話

あゝなるほど、
「日常の謎」で攻める訳ね


と思ったままで3年が過ぎ・・・コミックス刊行

第2話、第3話と読み進めるうちに

外天楼 #3

え?これ近未来の話だったの?

そっから先は、

え?え?え?

ってな感じ

1話完結のミステリを連作して、
最終的に大オチへと繋げる・・・
講談社ノベルスとか創元推理文庫の得意技ですな

終盤、説明ばっかになるトコもそれっぽい

いや、面白いです
第1話から最終話の展開は、ぜってぇに想像できねぇ

作品の特性上、多くは語れませんが、
読んで損なしだと思います、店主

しかし、それ町読者は、

外天楼 #5

4・5話みたいなんを求めてたかも?
スポンサーサイト