入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
地球人の5人に1人が読んでいる!
2011年10月18日 (火) | 編集 |
射雕英雄伝イグレット
だけど店主は読んでない!

白井三二朗「射雕英雄伝 イグレット」

本日は、白井三二朗先生の「射雕英雄伝 イグレット」をご紹介
ホントは「雕」の字が「周鳥」なんですが、
コレ、機種依存文字みたいなんで別表記でご勘弁を

原作は、香港の小説家・金庸先生の武侠小説だそうです
13億人を熱狂させた!との謳い文句どおり、映像化もされた大人気作品だとか

でも店主、翻訳文体が苦手なんで未読です
日本での武侠小説は、田中芳樹先生などが書かれてるそうですが、
あー・・・田中芳樹ねぇ・・・

ゴメン、パス

そんな大人気作品を、
白井三二朗先生がコミカライズしました

金国に殺された父親の仇討ちの為に、
諸国を旅する郭靖と、
何故か関西弁を喋るヒロイン・黄蓉との珍道中
ライバルである完顔康も並行して描かれる

・・・って、多分原作ガン無視してんじゃないかなぁ

白井先生、
最初黄蓉にブルマ穿かせようとして、
「800年前の中国に ブルマはありません」
とマジで怒られたそうだし

店主は白井先生の大ファンですんで、
楽しく読めましたが、武侠小説のガチファンは激怒したりするのかも

いや、原作未読だから憶測ですけどね

でもまぁ、日本ではいまいちウケなかったのか、
敢え無く全5巻

黒風双殺なんて、なかなか面白いキャラだったのに、
一度撃退したらそのまま復活ナシってそりゃどうよ

両手・両目を失って、それでまたどんな武功を見せてくれるのか、
超楽しみにしてたんですが

穆念慈の、

ビブリオマニアなんで、
槍術の教本を読みながら戦う


なんてのも面白かったのに、イマイチ膨らまず

全体的に中途半端だったのが残念です

余談ですが、
「ハートキャッチプリキュア!」

番 ケンジ

番 ケンジくんが出た時、
島本(和彦)キャラだ!島本キャラだ!
と言ってる人が大勢居りまして

ナニ言ってんでぇべらぼうめぇ!
どう見ても靖さんじゃねぇか!!
読んでねぇのか!!


と店主思ってましたが、
多分皆マジで読んでなかったんだと思います
スポンサーサイト