入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
スーパー勢い漫画
2011年10月16日 (日) | 編集 |
スターダスト11
フレッシュジャンプも懐かしい

こうのたけし「スターダスト11」

本日は、スーパー勢い漫画をご紹介
こうのたけし先生の「スターダスト11」です

故・フレッシュジャンプで、
1985年11月号 ~ 1986年04月号 に連載されました

半年間、勢い任せに突っ走った超人サッカー漫画です

今の若い子は、フレッシュジャンプとか知らないんでしょうね
「闘将!!拉麺男」とか「死神くん」とかやってた、
ジャンプの弟分みたいな雑誌でした

1989年1月号で休刊、
一部連載は月刊少年ジャンプなどに移籍しました

本作は、

星成高校サッカー部・通称「スターダスト11」が、
兎にも角にも力任せに勢いだけで勝ち進んでくサッカー漫画

登場した新ライバルを、
その回で粉砕していくハイスピードっぷり

必殺シュート
ナイアガラ・ドライブ・ショットのみで勝ち進みます

時々思い出したように、
SDF(スター・ダスト・フォーメーション)なる陣形を組みますが、
ぶっちゃけた話、
キッカー一三六・トスを上げる菊市・キーパートシ
この3人だけで十分みたいな

一応新選組モチーフなネーミングしてんスけどね
キャラ立ちする前に連載終了

監督とか参謀とか、
強者っぽい空気を出しながら、
結局何もしてなかったり

決勝戦の相手が、
コレまでで一番雑魚ってのは、
狙ったギャグなのか

この勢いに乗れるかどうかが評価の分かれ目
キワモノ漫画としてはかなりのレベルなんですが・・・

ヒロインのヤンキーが

熊手?

こんな武器装備してて、
これを 熊手 と言い張ってるのには苦笑い
どう見ても銃刀法違反です

こうのたけし先生は、
別名 ゴッセージ と言いまして、
週刊少年ジャンプ本誌でも「マウンドの稲妻」っつー超人野球漫画描いてました

当コミックス2巻に第1話が収録されております

主人公が投げる魔球・サンダーボンバーが、
どうやって投げてるのか、全く理解出来ない
のがステキー

コレに比べたら、ハイアングル・ナイアガラ・ドライブ・ショットは、
わかりやすい事この上なし

漫画家の進歩を実感できます

現在は幸野武史名義で活動中
故・ミスターマガジンの「極道懺悔録」とか、結構好きでした

いきなりゴッセージ名義で、
「龍虎の拳」をコミカライズした時は驚きましたが

ボンボン、無茶すんなぁ・・・
スポンサーサイト