入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
推理漫画新入荷
2011年10月13日 (木) | 編集 |
秘密警察ホームズ
意外と揃わんよ、コレ

立神敦・犬木栄治「秘密警察ホームズ」

本日は、ちょっと懐かしめな推理漫画をご紹介
立神敦・犬木栄治両氏の「秘密警察ホームズ」です

1996~1999年、コロコロコミック連載

孫とかバーローの人気に併せた児童向け推理漫画ですが、
まぁ児童漫画の定番だよね、推理クイズって

店主も子供の頃に良く読んだもんスよ、推理クイズ
藤原宰太郎氏にネタバレされたミステリは多い

本作は、

西鍵 健一 = ホームズ
北原 真古 = マープル
明石 小五郎 = コゴロー


の3人と原田三郎警部が、
秘密捜査課として様々な事件に挑む、
基本1話完結の推理漫画です

秘密警察って、ちょっとどうかと思いますわな
昔、パロディで
特高警察サイバーコップ ってのがあったなぁ・・・と

そもそも、小学生を凄惨な殺人現場に立ち会わせる意味がわかりませんが、
良い子の読者の感情移入にはバッチグーなんでしょう

昔、同じくコロコロでやってた、
小林たつよし先生の「リトルコップ」

あれ、良く勘違いされてますけど、
主人公の矢車弾は、子どもではなく、
単に小柄なオトナです

・・・差別寸前じゃねぇ?コレ

閑話休題

作品内容は、
安定した絵柄と、1話完結というスタイルから、
非常に読みやすい作品かと思います

トリックはまぁ・・・ですが、
児童向けですからね

鑑識ナメるな

とは、思ってても言わないのがオトナ
ボウガンとピッケルの傷口って、一発でバレんだろ、オイ とか

しかし、児童向けの割には妙に凄惨な描き方が多かったりします
コンクリで頭グシャッ!!は、子ども泣きそう
可愛い絵柄に不似合いな死体描写がちょくちょく

動機が痴情のもつれだったり

終盤は、秘密結社ダークとの戦いがメインになります
路線変更と言うほどでもなく、上手く移行したんじゃないかと

レアとかプレ値って程でもありませんが、
意外と全巻揃わない本作、
この機会に如何でしょうか?

こういう作品って、まず復刊とか無いしね
スポンサーサイト