入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
小池せンせありがとう
2011年08月13日 (土) | 編集 |
幕末秘剣 慈恩
コンビニ本でも嬉しいよ

森田信吾「幕末秘剣 慈恩」

昨日に引き続き、本日も時代劇漫画をご紹介
ピーコ神・森田信吾先生の「幕末秘剣 慈恩」です

森田信吾先生と戦えるピーコ作家なんて、
井上紀良先生か、漫☆画太郎先生くらいでしょう

面白いから始末に悪い
悔しい!でも読んじゃう!!

本作は、謎の男「花売り慈恩」が、
幕末の世に正義の剣を振るう、痛快時代劇漫画です

とにかくこの慈恩がスーパーチート

悪漢が様々な剣法で攻撃してきても、
全部余裕のよっちゃんで回避、
返す刀でぶった斬ります

幕末の剣聖・男谷下総守信友、三橋虎蔵、伊庭八郎といった、
実在の剣豪も登場しますが、

「慈恩の剣技
 我らの想像を超えた超絶域に達しておる!!」

「またしても我ら・・・
 慈恩の術技に戦慄する他は無い」


と、ほぼ観客状態

っつーかオメェら太鼓持ちかよ、
男塾の富樫・虎丸みてぇな解説役かよ、
と思わなくもないんですが、まぁいいか

慈恩が戦闘で負傷するのが、なんと20話がお初という
この作品、全31話なんですが

ここまで強いと、もう笑うしかない

本作はリイド社の「コミック乱ツインズ」に連載され、
リイド社でもコミックスが2巻まで発売されました
そこで止まっちゃった訳ですけど

そのリイド社版では、14話までしか収録されていません
つまり、慈恩は攻撃全回避しとりますな、WAHAHA

しかし、こうして復刊されるのは非常にありがたいこってス
小池せンせありがとう

時代劇漫画好きには堪らない逸品ではありますが、
コンビニ本の悲しさか、
既に微妙なレア化が進んでいる本作、お早目にどうぞ
スポンサーサイト