入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
実用萌え漫画
2011年08月09日 (火) | 編集 |
大江山流護身術道場
実用しないに越した事はないけど

KAKERU「大江山流護身術道場」

本日は、実用萌え漫画のご紹介
KAKERU先生の「大江山流護身術道場」です

まんがタイムきららフォワードで連載された本作は、
護身術レクチャー漫画です

トラブル体質の巨乳美少女・中村睦月
道を歩けば強引なナンパで拉致されかけ、
電車に乗ったら当然のようにチカンされ、レイプ未遂も数知れず

そんな彼女は、ある日女子中学生・大江山夏にピンチを救われ、
彼女の実家である大江山流護身術道場で、危機回避のノウハウを教わる事となる

上山道郎先生の「ツマヌダ格闘街」でも、
護身術を解説する回がありましたが、本作はソレに特化した形

・危険な場所に近づかない
・危険な時は大声で人を呼ぶ
・生兵法は大怪我の元


両作とも、至極当然の正論を描いていますが、
本作の場合、

・やらざるを得ない場合は、殺す気でやれ

っつー、物騒かつ厨2的な項目もあったり
目突き・金的をデフォにしてんもんな

なかなか面白い題材ではあったんですが、
残念ながら全2巻

それも中盤以降グダグダだったりします

最後は敢え無く打ち切りのハメに・・・

失敗した原因を考察しますと、

・無駄にキャラが多い
・コメディ的な変態集団を出した
・正直、絵が稚拙


ってトコでしょうか?

結局第1話が一番面白い、出オチ漫画になっちゃったのは残念

しかし、こういう企画
少女漫画でやったら結構イケるかも知れないッスよね

きららフォワードやヤンキン読んでるオタ系読者よりも、
りなちゃ読んでる少女読者の方が必要ですし

どっかでやらんもんでしょうか?
スポンサーサイト