入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
団塊ジュニア向け
2011年06月28日 (火) | 編集 |
マニー
感涙に咽べ

寿限無「マニー」

本日は、寿限無先生の「マニー」です
ぶっちゃけ若い子置き去りで行きますんで夜露死苦

1980年代末に、「月刊WINGS」でシリーズ連載された本作
なんつーか元祖・オタク漫画的な作品です

怖いもの知らずのマニー集団「マニア同好会」

好きな事を好き勝手にやる、
無茶であればあるほど、理不尽であればあるほど燃える、
そんなマニア気質を持ったはぐれ者たち

そんな彼らと、人々を妥協させる集団・妥教との戦いを描きます

とにかく、当時のオタク事情が懐かしい

・ラストハルマゲドン(PCゲーム)
・イダ天イカセ男(PCアダルトゲーム)
・マッドサンダー(ZOIDS)
・βビデオデッキ
・MSX2


もう団塊ジュニアのクソオタ共は、聞くだけで懐かしさに感涙しそう

当時は今みたいにインターネットとか無かったからねー
情報集めるのも必死よ、必死

レンタルショップ(これがまた、当時は高かった)や、
古書店グルグル回って探して探して探して・・・やっと見つかった時の喜び

知識(情報量) = 力

みたいなトコあるしね、オタクは

力が欲しいと願う時♪腕のバッジが 輝いて♪

人間、手に入らない物ほど燃えるのは真理だ
インターネットの普及は、
微妙に情熱を削いでしまった感があります

本作は3部作ですので、
マニーの中でも数人しか目立ってません
あとはちょいオタの顧問くらい

もっといろんなクソオタが見たかった・・・

ところで、
この頃のWINGSは、こういう作品やSFが多く、
どちらかと言えば青少年向け漫画雑誌でした

高河ゆん → CLAMP ライン(敬称略)から、
一気に女子向け雑誌にシフトしてしまいましたが

初期なんて、あの安永航一郎先生も連載してたんスよ
コミックス出てないけど

店主は初期の方が好きでした
スポンサーサイト