入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ベリー実用的
2011年06月21日 (火) | 編集 |
お料理の守護霊
超初心者向け

竹田真理子「お料理の守護霊」

本日は料理漫画をご紹介
竹田真理子先生の「お料理の守護霊」です
監修は渡邊香春子(わたなべかずこ)先生

ヒロイン・大島千寿は35歳独身
大手アパレルメーカー勤務のキャリアウーマン
一念発起して中古の洋館を購入したのはいいが、
なんとそこには洋館の守護霊・菊地ハルが居た

ハルは
「毎日お供えを欠かさなければ、
 家内安全・無病息災・バッチリ保証」

と言うが・・・

お供え自体は大したモノは要求しません
普段の食事を、一人前増やしてそれを供えるだけ

しかし千寿は、
過去のトラウマにより料理が全くダメだったりします
食事は全て外食とインスタント

そんな千寿が、ハルの指導の元、
様々な料理にチャレンジするのが本作

かなり実用的なコミックです

料理の手順を漫画化し、最後にレシピを載せるのは、
「クッキングパパ」や、先日ご紹介した「キッチンの達人」と同じ形式

ただし本作の場合、千寿が全くの初心者である事と、
オリジナル料理ではなく、基本的な料理だけである事が特徴

包丁の使い方を知らない
ヌメヌメする物が触れない
ご飯の炊き方すら微妙


そういうレベルですので、
これから自炊を!と考えてる人にはピッタリかも

手順は漫画で分かりやすく、
良くある失敗は全て千寿がやってくれますので、
反面教師として最適

ストーリー的には大きな起伏がある訳でもないんですが、
千寿とハルのコンビがコミカルで、楽しく読めます

ラタトゥイユってのは初耳でしたが、
なんか美味そう・・・あー、腹減ってきた
スポンサーサイト