入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
DEAD OR ALIVE
2011年06月20日 (月) | 編集 |
ファントム デッド オア アライブ
ちょーっと時代に合わなかったか

渡辺道明「ファントム デッド オア アライブ」

本日は、
「ハーメルンのバイオリン弾き」でお馴染み
渡辺道明先生の「ファントム デッド オア アライブ」をご紹介

本作は、画像にありますように戦闘機漫画です

主人公・大鳳鷹志は気弱な中学生
両親の仕事の関係で、アフリカへと向かう途中で、
乗っていた飛行機が突如炎上・海上に墜落してしまった
両親とはぐれ海上を漂う鷹志を救ったのは、なんと空母だった

なんとか助かった鷹志ではありますが、この空母
戦争中だったのです
機密保持とかいろんな意味で帰してもらえない鷹志
そんな彼の前に、戦闘機乗り・ファントムが現れる

本作は、ファントムに気に入られた鷹志が、
戦闘機乗りの相棒にされ、成長していく王道少年漫画です

但し、渡辺道明作品らしく、ファントムは変態です

尚、この戦争は、
架空の国家
マンマルーク王国 VS カークランド公国
間のモノで、
第2次世界大戦からずっと戦争中

既に形骸化し、単なる小競り合いになってます

両国共に潤沢な資源を持つ為、
ファントムたちのような傭兵を雇って、
戦闘機の落とし合いゲームを楽しんでる状況

飛行機は落とすけど、
生命は狙わない

コレがルール

要するに、
戦闘機乗りにとっては超実戦的な訓練みたいなもんです
そりゃヘタクソは死ぬけど
通称・鳥たちの楽園

しかしそんな楽園にも、次第に暗雲が立ち込めて・・・

店主、この作品結構好きでした
渡辺道明先生だけに、やたらとキャラが立ってる(変態)ヤツばっかで
ミリオタ的観点からするとムチャクチャやってるそうですが、
店主別にミリオタじゃねーし

でもまぁ、残念ながら全8巻

予め言っておきます、
ジャンプ打ち切り漫画的な終わり方します

ぶっちゃけ、
月刊少年ガンガンで連載するのは、ちょっと辛かったかなぁ?
女性読者多そうだし、戦闘機なんて興味ナッシングでしょう

平成のエリア88になれなかったのが残念
スポンサーサイト