入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ダークサイド
2011年06月17日 (金) | 編集 |
猫背を伸ばして
ダメージでけぇよ

押切蓮介「猫背を伸ばして」

本日は、押切蓮介先生のエッセイ漫画
「猫背を伸ばして」をご紹介

以前紹介した「ピコピコ少年」が、
押切少年の楽しい思い出を描いた作品なのに対して、
こちらはオトナに成りかけてる押切少年が、
ひたすら暗黒世界でのたうちまわる、
ダークサイドとでも呼ぶべき作品です

押切蓮介よりも、神崎良太としての話というか

中学にはガイキチ暴力教師が居る
バイト先には嫌な社員がいる
初めての連載はいつ打ち切られるかわからない
共に漫画家を目指した友人は次々と脱落
警察には職務質問を受ける・・・

そして

自分ひとりポリッシャーが上手く使えない

そんな毎日

いやもう正直笑うに笑えない
なんか身につまされる

人によっては、あの「ミスミソウ」よりもダメージデカイかも

それでも毎週毎週、面白い漫画を描かないといけないんだから大変だ
「でろでろ」面白かったなぁ

ギャグ漫画家の寿命が短いってのは、
こういうのも影響してるんだろうな

しかしラストの押切ママンの言葉

受け入れなさい

運とか不運なんて存在しないのよ?
ただ自分がやってきた「結果」なんだから

猫背を伸ばして伸び伸び生きなさい


は名言だと思います
スポンサーサイト