入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
正義の味方計画
2011年06月16日 (木) | 編集 |
雪乃すくらんぶる
いや、雑誌一緒だけど違う漫画、それ

井原裕士「雪乃すくらんぶる」

本日は、井原裕士先生のスーパーヒロイン漫画
「雪乃すくらんぶる」をご紹介

故・コミックNORAで、1993~1995年に連載されました

井原先生のデビュー連載ですが、
絵柄的には既に完成されています
この頃は男性作家だと思っててスンマセン

超人の家系に生まれた倉久雪乃は、
白雪仮面として正義のヒロイン活動をしている
その活動は勿論秘密だが、
素顔の彼女に告白した広崎巽は、ひょんな事からその正体を知ってしまい・・・

正義のヒロイン・雪乃と、
そのサポートに頑張る巽のカップルを描くコメディです

基本能力は怪力と超ジャンプ力、あとは動体視力程度という、
非常にシンプルなスーパーヒロインな雪乃

フライシャー版のスーパーマンみたいな感じですね
空を飛ぶんじゃなくて、大ジャンプを繰り返すという

つまり

倉久 = クラーク

なんですな、パパンは 倉久健人 で

しかし本作、
基本的に「いい人」ばかりです
※強盗とか、名もない悪役除く

白雪仮面の身体の秘密を調査しようとする製薬会社スタッフも、
悪人じゃありませんし

それが微妙な行き違いで、
どうにもヤバ気な方向に進んじゃいそうになったり

なんとか上手く収まりますが、
一歩間違えたら「超常機動サイレーン」になってたかも

「DOLL MASTER」もそうでしたが、
なんかそういう展開多くねぇですか?井原先生

本作はこの元版・全3巻のみで、
これ以後復刻は(現時点では)出ていません
学研・ノーラコミックスも次第に姿を消している現在、
井原先生の他作品を好きな方、この機会に如何でしょうか?

本日のブログタイトルは、
島田ひろかず先生の作品より
「雪乃すくらんぶる」の直前までやってた、
これまたスーパーヒロイン漫画です

何?そんなにスーパーヒロイン好きだったの?NORA
スポンサーサイト