入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
あンた、背中が煤けてるぜ・・・
2011年06月10日 (金) | 編集 |
翔丸
あー、それ違う漫画

能條純一「翔丸」

本日はベテラン漫画家・能條純一先生の作品をご紹介
「翔丸」です
1987~1989年に「コミックモーニング」で連載されました

いじめられっ子だった竹田翔丸は、
嵐の晩に自らの顔をカッターナイフで切りつけ覚醒
わずか数分で不良たちも中学校も制覇した翔丸は、
翔丸組の勢力をドンドン広げていく・・・

ストーリーは、
翔丸本人や関係者に対する取材で語られるという異色作

能條純一先生お得意の「悪のカリスマ」がテーマです

翔丸がカッターナイフで切りつける事は、
所謂洗礼となり、誰でも翔丸に心酔します
教師だろうがヤクザだろうが殺し屋だろうが米軍だろうが

そんな翔丸組が、あちこちに潜伏してる訳ですよ

ヘリでも戦車でもライフルでも、いくらでも調達できるという、
スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルチートな翔丸

挙句の果てにはミサイルまで・・・

あらゆる攻撃はほぼ無効と思って下さい

漫画の主人公としてそれどうよ?と思わなくもないんですが、
面白いからオールオッケー

中2病漫画とは、思ってても言っちゃダメ

そして素晴らし過ぎる台詞のセンス

「翔丸組に入るんだ」

「翔丸組はヤワじゃねぇ!」

「人生すなわち これゲーム」


皆真似しましたよね?
え・・・店主の周囲だけ?
スポンサーサイト