入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
有名作家コンビに
2011年06月09日 (木) | 編集 |
挑戦者AAA
・・・な内容

梶原一騎・永島慎二「挑戦者AAA」

本日は、かなり古めなコミックをご紹介
梶原一騎・永島慎二両氏による「挑戦者AAA」です
これで「チャレンジャートリプルエース」と読みます

1967年に月刊誌「少年画報」で連載された、アクション漫画です
梶原・永島コンビといえば、
「柔道一直線」でお馴染みですが、ほぼ同時期の作品です

悪の秘密組織「メフィスト」によって鍛えられ、
AAA(トリプルエース)の異名を持つ殺し屋になった、主事項・黒羽隼人
しかし隼人は「メフィスト」を脱走
正義の為に「メフィスト」と戦う事を心に誓う

ちょっと早い「仮面ライダー」ですな
※仮面ライダーは1971年

AAA(トリプルエース)とは、
「知能」「勇気」「行動」の3つが、どれもAクラスであるという意味です

しかし本作、
素晴らしくバカ全開となっております

主人公・黒羽隼人が、
カッコばかり付けてるけどグレートな無能なんですよ、いやもう

自宅で「メフィスト」の刺客に襲われる
 → 撃退&捕獲 → 詰問する前に、汚れちゃったんで一風呂浴びよう
 → 風呂入ってる内に、殺し屋口封じされちゃった

頭抱えるしか無いッス

「メフィスト」の罠で殺人犯の汚名を着せられる
 → 自分は無実だからと、カッコ付けて警察に出頭
 → 「メフィスト」の驚異を演説する
 → キチガイ扱いされて拘留

お前、脳味噌あんの?

更に、マスコミの取材には気軽に応じるんだわ、こいつ
元殺し屋のくせに

まぁ、その辺の歪んだ自己顕示欲が、
如何にも梶原一騎ヒーローと言えなくもないんですが

表紙に出てる子供、こいつがまたもうどうしようもないクソガキで、
存在自体が邪魔というスゴさ

全編アレな出来ですので、
読み終わる頃にはツッコミ過ぎて力尽きてるかも

ツッコミ訓練をしたい方に超オススメ

永島慎二先生の絵は、流石に上手いんですけどねぇ・・・
スポンサーサイト