FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ひでぶ!
2011年03月08日 (火) | 編集 |
野獣は眠らず
北斗の拳じゃないよ

高橋秀武「野獣は眠らず」

本日は、高橋秀武先生の「野獣は眠らず」をご紹介
秀武と書いて「ひでぶ」と読みます
しかも女流作家

なんつーか、傾いてますね

主人公・類家小五郎は元刑事
今は叔父の骨董品店の手伝いをしている
彼は刑事時代誤射殺してしまった刑務官・斎原の霊に取り憑かれている

斎原の霊の目的は、類家に悪党退治をさせる事

という、ちょっと必殺入ったバイオレンスミステリーです

斎原は射殺される前、
法の網を逃れた悪党を、個人で処刑していた訳で・・・暴走する正義感
その行為に共感してしまった類家は、パートナーとして選ばれてしまった模様

事件発生 → 類家が推理する → 斎原が処刑

が基本パターン

大体が1~2話程度で完結しますので、
テンポが良くってイイですよ

類家と斎原のコンビが、なんだかんだで仲良しさんだったり

しかし、残念ながらこの作品、
第1部・完で、中断しております

人間に取り憑き、殺人を犯させる悪霊・淫獣(サテュロス)が現れ、
類家&斎原コンビの強大なライバルに!

・・・っていいトコで

現時点では、再開の予定は無いそうですが、
勿体ねぇッスよ

「トクボウ 朝倉草平」が完結した事ですし、
なんとか第2部開始して欲しいもんです

ヒロイン・森さんの若返りが、
どこまで行くかも気になるし

読み切り版だと30代っぽい見た目なのに、終盤女子中学生みたいになってますがな
スポンサーサイト