FC2ブログ
入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
超絶カルト武士伝
2010年12月19日 (日) | 編集 |
幕末世界 攘夷
まさかのコンビニ本化!

森田信吾「幕末世界 攘夷」

本日は、超絶カルト作品のご紹介
森田信吾先生の「幕末世界 攘夷」です

秋田書店の故・グランドチャンピオンで連載されていましたこの作品
当時から

ガイキチ時代劇漫画

として極々一部で大評判でしたが、
グランドチャンピオン自体が短命に終わった事もあり、
コミックス全2巻を発売するも、レア&カルト作品として扱われておりました

それが今回まさかのコンビニコミック化

こんなの復刻しちゃっていいの?
と心配になるほどのガイキチ度です

攘夷・・・要するに外国人(夷狄)を、力づくで排除しようという思想です
この作品では、その外国人(夷狄)が、
ガチでバケモノでした

全身から触手を生やして、ギャゲェギャゲェと泣くサマは、
なんつーかクトゥルー

ちょっとした悪戯心からその正体を知ってしまった主人公・関谷幸四郎は、
バケモノ・夷狄どもと死闘を繰り広げる事となる

いやもう電波来まくってますよ、これ

でも、自由平等を説く夷狄に対して

「なるほど!さぞかし 猿の世 虫の世であろう」
「互いにつかみ合いをし ギャアギャアとわめき合い 
 意味も無く バタバタと転げまわる・・・」


「品の無い 調和の崩れた
 あさましき世であるにちがいなかろう!」


と断じる関谷幸四郎に、なんともカタルシスを覚えてしまうのも事実

森田信吾先生、この作品ではそんなにピーコしてません
アクションも気合入ってますので、
ガイキチ度無視しても楽しめます

天智一刀流カッケー

電波にアテられないよう、気をつけて読みましょう
スポンサーサイト