入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
超速(チョッパヤ)
2010年10月29日 (金) | 編集 |
キャットディフェンス
8倍速くらい?

小池一夫・政岡としや「キャットディフェンス」

本日は、小池せンせ原作・政岡としや先生作画の「キャットディフェンス」
「シェイは丹下 名はシャゼン」でお馴染み、
隻眼隻腕の剣士・丹下左膳の物語です

原作・林不忘の昭和初期大衆小説
それを小池せンせが大胆にアレンジ!

・・・っつーか、いつもの小池作品になってます

小池作品お約束の展開ってあるじゃないですか、

・愚かな主君に見切りをつけて逃亡
・最下層の人々に救われて、傾いた格好をする
・敵組織の首領に気に入られ、最終的に組織の首領に
・権力の中枢に入り込む


みたいな

で、その都度
女人が手助けしてくれては死んでいく

その手の小池展開を、8倍速くらいでやっちゃった感があります

厚めとは言え全3巻、
全3巻のコミックスでですよ?
3人も死んでるってそりゃ異常だ

でもまぁ超ベテラン同士のコンビですので、
それなりに読ませてくれるのも確か

如何にも政岡ハンサムキャラの左膳、なかなかカッケーです

しかし煽りで
「なぜ隻眼隻腕となったか触れている作品はない」とありますが、
映画「丹下左膳 乾雲坤龍の巻」がそうじゃなかったっけ?
スポンサーサイト